民泊とは、シェアリングエコノミーの一種として広まった事業形態で、利用していない住居や別荘などを宿泊施設として貸し出すことです。 

民泊では、一時的、または長期にわたって使用しておらず、遊休資産化している住宅を活用して収入を得ることができるため、資産活用と収入源を同時に実現することが可能です。 

また、民泊は、ラグビーワールドカップや東京オリンピック開催に伴う訪日外国人客増加による宿泊施設不足が問題となっている現代の日本において、問題解決のための一策として注目されています。 

一方で、中にはグレーゾーン民泊と呼ばれる正式な手続きを経ずに運営している民泊がはびこり、社会問題となってしまったという事実もあります。 

事態を重く見た政府によって、平成30年6月に民泊新法こと住宅宿泊事業法が施行されるなど、民泊に関する法整備は着々と進んでおり将来性が期待されている分野です。 

詳しくはこちら




 

役にたったら
いいね!してください