民泊新法とは、2018年6月15日に施行された法律で、正式名称では「住宅宿泊事業法」と呼ばれます。 

施行以前は、旅館業法に基づき旅館やホテルと同様の認可を受けなければ、民泊を運営できなかったのに対して、民泊新法では一定の基準を満たす住宅であれば簡素な届出手続きのみで民泊運営を認めています。 

従来の旅館業法では、本格的に旅館業を営むホテルや旅館などの事業者を対象とした基準が設けられていたため、一般人がシェアリングエコノミーとして民泊を運営するには満たすべき条件や基準が厳しすぎることが問題となっており、ラグビーワールドカップや東京オリンピックを目前に控え、宿泊施設が不足しているという事情が新法施行の背景にはありました。 

民泊新法においては、「住宅」のみを対象として、年間営業日数180日以下という上限をもって運営する宿泊施設を民泊と認めています。 

詳しくはこちら

 

役にたったら
いいね!してください