シェアリングエコノミーとは、個人が所有する資産をインターネットを介して貸し借りや交換することによって効率的に活用することで、日本語では「共有経済」と訳されます。 

元々は、アメリカのシリコンバレーで生まれた概念で、シェアリングエコノミーの対象となる資産は、人からモノまで多岐にわたります。 

シェアリングエコノミーでは、貸す側は遊休資産を活用して収入を得ることができ、借りる側は自ら購入するコストをかけずに、必要な時だけ利用できるというメリットがあります。 

一方で、双方の間に信頼関係が築かれていない場合には貸し借りによるトラブルなどのリスクが伴う点や、比較的新しい概念のため、シェアリングエコノミーに関する法整備が進んでいない点はデメリットであると言えます。 

詳しくはこちら

 

役にたったら
いいね!してください