国内の観光資源(自然景観、歴史的遺産、風土、都市、レジャー施設、食など)を整備して国内外からの観光客を誘致し、観光による経済効果を、その国の経済基盤にすることをいいます。

観光資源を活用し、その地域に合った方法で旅行者の誘致を行うことで、地方の活性化にも繋がります。

日本では2003年の観光立国宣言を契機に、「観光」が国家的な課題となっていると位置づけられました。その後、2007年に「観光立国推進基本法」が制定され、翌2008年にその行政を担う「観光庁」が国土交通省の外局として新設されました。

観光業は、日本の経済力を取り戻す為の重要な成長分野と位置付けられています。訪日外国人観光客の増加により、地方創生や日本経済全体の活性化へ繋がることが期待されています。

詳しくはこちら

 

役にたったら
いいね!してください