この記事は約2分で読み終わります。

どんなビジネスであれ、顧客の消費行動について知ることは重要です。訪日韓国人観光客をターゲットにしているインバウンドビジネスや観光業のビジネスパーソンにとって、訪日韓国人観光客の日本での消費額はどれくらいか、何を買っていくのかといったことはぜひとも知っておきたいことでしょう。こちらの記事では、訪日韓国人観光客の買い物の傾向についてご紹介します。

 

訪日韓国人観光客の消費額

訪日韓国人観光客の1人あたり旅行支出の内約:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

訪日韓国人観光客の1人あたり旅行支出の内約:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

訪日韓国人観光客の消費額はそこまで多くありません。日本をよく訪れる外国人の中でも消費額が少ないことが訪日香港人観光客の特徴で、一人あたり旅行支出は75,169円、買物代は22,195 円と低水準となっています。

消費額が少ない理由は?

消費額が少ない背景には、そもそも訪日韓国人観光客は日帰りや短期間旅行の人が多いという事実があります。

また、韓国では日本製品が手に入りやすく、わざわざ大量のお土産を買うために、買い物代を用意する必要がないのです。

 

 

訪日韓国人観光客の買い物代を分析

そんな訪日韓国人観光客がよく購入するのが、日本産お菓子をはじめとする菓子類です。菓子類の購入率は78.4%、消費額は平均5,568円で、買物代のおよそ1/4を菓子類の消費で占めています。

訪日韓国人観光客の購入率が高い菓子以外の食料品類・医薬品・化粧品

また、購入率が高いのが「その他食料品・飲料・酒・たばこ」です。その他食品類の購入率は57.9%で、訪日韓国人観光客の半数以上が購入していくほど人気で、菓子類と併せて日本の食料品、飲料類への関心の高さが伺えます。

というのも韓国では、日本製のものと”非常に酷似した”菓子類が流通しており、日本産と韓国産のものを食べ比べをして楽しめるということもあり、お土産として人気があるためです。

他にも、医薬品や化粧品類も次いで購入率が高く、訪日韓国人観光客のヘルス・ビューティーへの意識の高さが見て取れます。

<関連>

 

訪日韓国人観光客には気軽に購入できるものが人気

訪日韓国人観光客は、気軽に買えるお土産の購入率が高いことも特徴です。例えば、文房具やアクセサリーをはじめとした、持ち帰りやすいものをよく購入していきます。短期旅行の人が多い訪日韓国人観光客にとって、かさばるお土産はあまり好まれないのでしょう。

ビールや日本酒も訪日韓国人観光客にとってはお土産の定番

また、ビールや日本酒、ミネラルウォーターなども訪日韓国人観光客には人気です。このようにスーパーで買い物していくかのような消費行動が訪日韓国人観光客の特徴です。集客する際にも意識しておきたいことでしょう。

 

まとめ:訪日韓国人観光客の消費行動

訪日韓国人観光客の消費行動には特徴があります。例えば、訪日韓国人観光客はお菓子や医薬品の購入率が高いことがその一つです。また、他にも訪日韓国人観光客は短期旅行の人が多く、買い物に費やす消費額はあまり多くありません。ビールや文房具などの手軽なおみやげが好まれます。

<参照>

訪日韓国人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…