「爆買い」という言葉が大流行しました。訪日中国人観光客が団体旅行で日本を訪れ、家電製品などを中心に大量に購入していく姿は、もはやおなじみのものとなりました。また、ゴールデンルートを主軸にして、日本の観光地を訪日中国人観光客が団体旅行で回る光景もよく目にします。それでは、訪日中国人観光客の中で、団体旅行客と個人旅行客は、どのくらいの割合なのでしょうか。

<関連記事>

 

訪日中国人観光客のうち、団体旅行は6割

訪日中国人観光客の個人旅行・団体旅行割合推移

訪日中国人観光客の個人旅行・団体旅行割合推移

2012年は、訪日中国人観光客のうちの7割強が団体旅行ツアーでの訪日でしたが、2015年現在では、その数は6割弱ほどまで減少しています。

とはいえ、2015年の訪日外国人観光客全体の団体旅行割合は33.5%ですので、インバウンド市場においては、訪日中国人観光客は団体旅行が過半数を占めており、特殊な市場といえます。

訪日中国人観光客の団体旅行

at-s.comより引用

at-s.comより引用

団体旅行の場合、旅行代理店によって組まれたツアーで観光地巡りをすることになります。その場合、訪日観光において定番ルートとなっている「ゴールデンルート」をトレースすることが多くあります。

ゴールデンルートとは、東京―大阪間で、富士山や名古屋、京都などの日本の定番観光名所を回る魅力満点のルートであり、特に初訪日の訪日外国人観光客に人気の観光コースとなっています。いわば、訪日観光初心者向けの観光コースであり、このコースを巡る団体旅行の訪日中国人観光客は、初めて日本に来る人が多いようです。

 

訪日中国人観光客には初訪日が多い?

訪日中国人観光客の訪日回数割合 2015年:日本政府観光局(JNTO)より引用

訪日中国人観光客の訪日回数割合 2015年:日本政府観光局(JNTO)より引用

同じ東アジアに属し、日本にきわめて近い国の中国。歴史的にも、日本と中国の交流は活発に行われてきました。しかし、訪日中国人観光客の半数近くは初めて日本を訪れた人たちです。なぜ、訪日中国人観光客には、初めて日本を訪れる人が多いのでしょうか。

訪日中国人観光客に初訪日が多い理由

訪日中国人観光客に初訪日が多い理由は、主に3つの理由が挙げられます。

まず1つ目として、戦後日本に対する中国人の感情があまり良くなかったというものです。そして2つ目の理由としては、中国が経済発展を遂げたのがここ10年ほどの話だというのも挙げられます。3つ目の理由が、20年ほど前まで中国政府が海外旅行を禁止していたというのもあげられます。

団体旅行が解禁されたのが1997年、個人旅行にいたっては2009年に解禁されました。このような理由から、初訪日の訪日中国人観光客が多いのです。やはり、初めての国に行く場合は、団体旅行を選択する人が多いようです。

 

増加する個人旅行の訪日中国人観光客

訪日中国人観光客の主流は以前団体旅行ですが、近年、個人旅行客が増えつつあります。過去に団体旅行で日本を訪れた人たちが、2回目以降の訪日の際にはいわゆるゴールデンルートを外れ、自由気ままに日本を回るために、個人旅行で訪れることが多くなっています。

いかに個人旅行客を呼び寄せるか

現在増加しつつある個人旅行の訪日中国人観光客をいかに捕まえ、自分たちの街に来てもらうか。これが、現在の日本のインバウンド業界の課題となっています。実際に中国に出向いて、現地で開催される国際観光見本市(旅行博)でのPRや、SNSやWEBを活用したをするなど、個人旅行客を捕まえるための観光施設それぞれの動きが活発になっています。

<関連記事>

 

まとめ:団体旅行客と個人旅行客、両方を呼び寄せる

訪日中国人観光客は今個人旅行客が増えつつあります。しかし、以前団体旅行もすたれてしまったわけではありません。「ゴールデンルート」上の観光地はいかに団体旅行客を呼び寄せるか、ゴールデンルート街の観光地はいかに個人旅行客を呼び寄せるかが、今後のカギとなるのではないでしょうか。

 

訪日中国人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…