WeChat(ウィーチャット)の使い方 | 機能・設定の基本ガイド

WeChat(ウィーチャット)の使い方 | 機能・設定の基本ガイド

今や中国を始めとした世界中で利用されているWeChat(微信)。 メッセージの送受信やグループチャット、さらにはQRコードによる支払いに至るまで、様々な使い方ができる、便利なアプリです。

そんな便利なWeChat(微信)ですが、ダウンロードをしてみたはいいけれど、使い方が分からなくて困っているという人も多いのではないでしょうか。そこで今回はWeChat(微信)の使い方について詳しく見ていきます。

インバウンド最大の中国市場は「旅マエ」にアプローチするのが重要!おすすめのインバウンド対策を資料で詳しくみてみる

買い物の支払いからタクシーの呼び出しまでマルチ機能搭載のWeChat

WeChat(微信)は、メッセージのやりとりなどのコミュニケーションツールとしてだけでなく、買い物の支払いや、タクシーの呼び出しまでできてしまいます。

WeChatの基本的な使い方は?

世界中に12億人を超えるユーザーがいるWeChat(微信)は、通話やメッセージのやり取りはもちろんのこと、写真や動画の共有、グループチャット、さらにはQRコードによる支払いなど、一つのアプリをダウンロードするだけで、さまざまなことができてしまいます。

WeChatでできること

WeChat(微信)は中国版LINEとも呼ばれ、 絵文字も使用できるメッセージの送受信や、無料の音声通話、写真や動画の共有など、その機能は日本で利用されているLINEとそれほど変わらない部分が多くあります。

しかし、LINEとは違った機能も搭載されており、例えば、銀行のカードを登録して、買い物の支払いに利用できるほか、中国版Uberでのタクシーの呼び出し、知り合いへの現金の振替など、 WeChat(微信)ひとつだけで支払いやタクシーの手配もできてしまう、いわば「マルチアプリ」として重宝されているのです。

まずはダウンロードをして登録

iPhoneであればAppleStoreから、AndroidであればGooglePlayからWeChat(微信)のアプリをダウンロードします。ダウンロードしたら、名前、電話番号を登録し、最後にパスワードを設定するだけで登録が完了します。

WeChatの基本的な使い方 

様々な機能があるWeChat(微信)の使い方についてみていきます。

WeChatの基本的な操作ガイド

WeChat(微信)の基本的な操作方法を紹介します。

テキストメッセージや通話、ビデオはチャット

アプリを開いてはじめに表示される画面が「チャット」タブです。この画面にチャットが一覧で表示されます。

アプリをダウンロードしてからの初回起動時は「WeChatチーム」という公式アカウントのチャットのみが表示されるので、初回起動時のみ画面下部の「連絡先」タブをタップしてチャットをしたい相手を選んでください。

ここまでの操作は LINE での操作と使い方はほぼ同じとなっています。


連絡先の交換や追加は発見

連絡先の交換や追加は「発見」のタブをタップし開きます。

WeChat(微信)での連絡先の交換は、QRコードを送り合うことで行います。その他、シェイクという機能では、スマートフォンを相手と同時に振ることで連絡先を交換できますが、この機能は使い方を誤ってしまうと、知らない人と連絡先を交換してしまう可能性があり、個人情報漏洩の危険性があるので、連絡先を交換するのであれば「発見」を使うのがおすすめ。


プロフィールや各種設定は本人をクリック

WeChat(微信)専用のIDを作るときや、ユーザー情報の更新など自分自身の情報の変更に関しては「本人」タブをタップします。ここではプロフィール写真や任意の名前などを設定することができます。 

連絡先を交換する際は、本人タブ内の「自分のQRコード」タップすることで自身のQRコードを表示し、連絡先を伝えることができます。 

WeChatの便利な機能を紹介


WeChatならではの便利な機能

WeChat(微信)には、LINEとそれほど変わらない機能もありますが、WeChat(微信)にしかない機能も数多くあります。

モーメンツ(タイムライン投稿)

モーメンツでは、友人の投稿を見ることができ、それらの投稿に対してシェアやコメント、いいねなどができます。LINEの「タイムライン」のようなものと考えるとわかりやすいでしょう。

QRコードのスキャン、シェイク

LINE に例えるなら「ふるふる」のような機能とも言えるシェイクや、QRコードをスキャンすることによって、友人との連絡先の交換ができます。

ミニプログラム

ミニプログラムは、ここ最近多くの人が活用している機能です。

「アプリ内のアプリ」とも言えるもので、ゲームやショッピング、乗換案内などの普段使っているコンテンツを、それらのアプリを開くことなく、WeChat(微信)の中で完結することができるという便利な機能です。

タクシーの手配ができる

ミニプログラムに付随するサービスですが、WeChat(微信)でタクシーの手配ができます。WeChatPayをを利用して、キャッシュレスで決済ができるのでとても便利です。

マイウォレット

ウィーチャットにはWeChatPayという決済機能が付いていて、自分の銀行口座をWeChat(微信)で登録するだけで利用が可能となります。

現在中国ではキャッシュレス決済が主流となっており、ほとんどの中国人がWeChatPayを利用しています。

スマホ1台で旅行へ行ける!

世界中で使われていて、12億人以上のユーザーがいるWeChat(微信)。

無料通話やメッセージの交換など、日常の連絡手段としてだけでなく、タクシーの手配やWeChatPayによるキャッシュレス決済など、その利用方法は様々です。

日本を訪れる訪日中国人を見ていても、現金を持たずにWeChatPayによってスマホで決済をするという光景も見かけるようになりました。

今や、スマホ一台で旅行へも行けてしまう時代となったのです。

WeChat(微信)は上手に使うととても便利なアプリですが、個人情報の漏えいなど、 気をつけなければいけないことも多くあります。

上手に使って、普段の生活をより楽しく、より便利にしてみてはいかがでしょうか。


インバウンド最大の中国市場は「旅マエ」にアプローチするのが重要!おすすめのインバウンド対策を資料で詳しくみてみる

「中国向けインフルエンサープロモーション」を資料で詳しくみてみる

「中国向け広告運用」サービスを資料で詳しくみてみる

「Wechatを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「Weiboを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!