この記事は約4分で読み終わります。

1997年中国での観光目的の海外団体旅行解禁以来、海外旅行客が急激な増加となりました。現在、日本にも多くの訪日中国人観光客が訪れています。団体バスツアーでの訪日旅行が多かったものの、最近では個人旅行(FIT)客が増えてきています。

しかしながら、全訪日外国人観光客と比べると、団体バスツアーでの訪日客がまだまだ多いのも事実。そんな訪日中国人観光客はなぜバスツアーで訪れるのでしょうか。現状と今後の動向を探ってみたいと思います。

 

訪日中国人観光客のバス団体ツアーの実態

まずは訪日中国人観光客の団体旅行・個人旅行の割合の推移を見ていきましょう。

2010年〜2015年 訪日中国人観光客の個人旅行・団体旅行割合推移

2010年〜2015年 訪日中国人観光客の個人旅行・団体旅行割合推移

訪日中国人の団体旅行割合は、2010年が最盛期で7割を超えていました。その後2013年に大幅な減少を見せますが、2015年にかけて再び増加傾向にあります。

<関連>

団体バスツアーで巡るゴールデンルートとは

団体パスツアーでの訪日中国人観光客は初訪日者である傾向が強く、従って団体バスツアーも、訪日旅行定番観光地を巡る「ゴールデンルート」を通る旅程が数多く販売されています。

<関連>

訪日中国人観光客の都道府県別訪問率ヒートマップ

訪日中国人観光客の都道府県別訪問率ヒートマップ

訪日中国人観光客の都道府県別訪問率をみてみても、やはり千葉、東京、富士山、名古屋、京都、大阪などのゴールデンルート一帯の訪問率が高く、どれだけ訪日中国人観光客がゴールデンルートに集中しているかが伺えます。

<関連>

 

団体バスツアーに参加した訪日中国人観光客はなにをしているのか?:秋葉原・銀座での

東京に訪問した団体バスツアーに参加した訪日中国人観光客は、免税店での買い物を楽しむケースが多いです。

秋葉原でのカメラや炊飯器、温水便座などと言った電化製品の爆買いや、銀座での高級ブランドバッグを数百万円単位で購入するなどその買い物にはすさまじい物があります。

また、中には変わったバスツアーもあり、訪日中国人観光客向け不動産買い付けツアーバスと言ったツアーもあります。マンションの現場へ乗りつけ、投資のために購入するため立地条件と金額を確認するツアーといったものです。

<関連>

富士山への「はとバス」ツアー

また、個人旅行の訪日中国人観光客向けのオプショナルツアーとして、富士山への「はとバス」ツアーも人気があります。ここでは、カメラ片手に写真を沢山撮る訪日中国人観光客が見られます。ただ、ここでもお土産物の大量買いは変わらず、土産物店で帰国後に配るために大量の買い物をする姿が日常の光景となっています。

 

訪日中国人観光客が最も多い、国慶節のバスツアーにも変化が!

2015年に国慶節に訪日中国人観光客が40万人訪日しました。その際に消費した額は1000億円とも言われます。しかし、その団体での爆買いバスツアーのイメージが最近少し変わってきています。団体旅行から個人旅行へシフトする傾向が見られます。

2012年まで団体旅行がほとんどだった中国人が自由の効く個人旅行を希望するようになっています。また、最近はSNSでの旅行体験他、旅行会社での個人旅行も多く紹介されるようになってきたり、インターネットでの旅行情報やチケット購入なども簡単にできるようになったことも影響しています。

<関連>

バスツアーも団体旅行から個人旅行への動向

最初は不安で団体旅行で来ていた訪日中国人観光客も、リピーターが増加したことによるものも大きいでしょう。今後は、バスツアーに関して、団体旅行での参加ではなく、個人旅行のオプショナルツアーへの移行が予測され、ゴールデンルートなどの有名観光地・都市圏だけでなく、地域の文化や歴史的建物を見るツアーなど買い物だけでないツアーへの移行も出てくるでしょう。

 

まとめ:訪日中国人観光客のバスツアーの現状と今後の動向

これまでの買い物バスツアーの実態をご紹介してきましたが、リピーターが増えることで様々なオプショナルツアーへの参加が見込まれます。日本の文化や歴史的建物、そして様々な文化体験ができるようなバスのオプショナルツアーも待ち望まれているのではないでしょうか。

<参照>

訪日中国人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボに「いいね」をして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…