訪日タイ人観光客は他の訪日外国人観光客と比較して、グルメやショッピングに対する興味が高く、消費動向ランキングでは常にどのカテゴリでも上位に食い込みます。さすがは、消費欲が高い国民性を持つ訪日タイ人観光客です。さらに訪日タイ人観光客のインバウンド誘致するためには何が必要なのか、幅広い観点で海外事例よりご紹介します。

 

韓国の訪日タイ人観光客取り込みに関する海外事例

韓国の観光当局は外国人観光客取り込み策として、2016年から新しく施行する「ビジット・コリア」を発表しました。これにより世界より観光客1,600万人増を目指し、その中で50万人はタイ人観光客を目標に入れていることが分かりました。

日本の訪日プロモーション事業「ビジット・ジャパン」での対策も成果を上げている

日本でも官民一体になって訪日プロモーションを展開する「ビジット・ジャパン」事業が敷かれています。

海外ネットワークに強い企業と連携した日本ブランドファン獲得からインバウンドに繋げる対策や、自治体や観光協会、その他民間団体、企業などと共同で誘致活動をすることで、地域の特色を生かしたプロモ―ションに力を入れ、近年では大きな成果を出してきています

 

観光客数トップのフランスに学ぶ海外の対策事例

フランスは世界でもトップの観光客数を誇り、年間で8000万人以上を誘致しています。フランス政府は観光インフラの整備と統制に力を入れており、日本の訪日タイ人観光客のインバウンド対策においてもこのような海外事例から学べることは多いと考えられます。

「エコ・ヴァレー」と呼ばれる観光に特化した街づくりの対策事例

外国人観光客が滞在しやすい安全で便利な街を目指して、「エコ・ヴァレー」という観光に特化した街づくりをニースで行っています。

ニースは観光スポットとして非常に人気が高く、空港正面の地理的優位性を生かして、ビジネスエリアや商業施設エリア、住宅エリアの交通網の利便性を考えた整備を進めています。このスタンスは観光大国を目指している日本にとっても全国で取り入れるべき考え方だと思われます。

 

イタリアの景観を保護する観光政策に学ぶ海外事例

イタリアも外国人観光客に愛される観光対象国であり、年間約5000万人が訪れています。イタリアには中世からの文化建築が数多く残されており、国の統制の下景観を保護する街づくりが行われており、国全体が美術館のような魅力を放っています。

観光都市としての魅力と歴史的文化財を守る対策事例

日本にも全国に重要文化財が多く残っていますが、イタリアほど景観保護政策に力を入れていないのが実情です。

もっともイタリアではそれらの文化財も日常的に利用しているケースが多いことから日本とは事情が違いますが、イタリア・フィレンツェの景観を守りながらも街全体を観光スポットに変えてしまう「フィレンツェ・光の芸術祭」などはインバウンド誘致に置いて非常に強力な戦略だと言えるでしょう。

 

まとめ:観光大国における対策事例は日本にとって重要である

重要文化財やスポーツ観光スポット、ショッピングやグルメなど訪日外国人観光客を取り込める観光資源が多い日本は、観光大国の対策事例に学ぶことで特に街づくりの面では参考になる部分が多いと考えらえます。

訪日タイ人観光客は特にショッピングに関する消費動向が高いため、タイ語表記の重要性についても考えるべきなのかもしれません。

 

訪日タイ人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…