政府、4月より入国上限「1万人」の方針 留学生15万人も相当数受け入れへ

新型コロナウイルスの水際対策をめぐって、政府は入国者数の上限を1万人に引き上げる方針であることが明らかになりました。

複数メディアが報じており、来月4月から上限を引き上げる方針で調整しているということです。

入国者数については今月14日より、従来1日当たり5,000人としていた上限を7,000人へと引き上げています。

来月から上限1万人への引き上げ検討、段階的に人の往来増加へ

政府は3月14日より年度末の帰国需要や、16万人を超える入国申請を受けている現状を鑑み、現行の5,000人としていた入国者数の上限を7,000人に引き上げています。

複数メディアによると、来月までに空港を始めとした施設での検疫体制が整う見通しであることから、4月より入国者数上限「1万人」への引き上げが検討されているということです。

入国者数上限の引き上げについて言及した岸田文雄首相は3月3日の会見で、「今後は内外の感染状況を見ながら、段階的に国際的な人の往来を増やしていきます」と述べています。

さらに、松野博一官房長官は3月14日の会見で、「段階的に国際的な人の往来を増やしていきたい」と述べており、感染状況を勘案した入国者数上限の引き上げについては政府として前向きな考えとみられます。

留学生「15万人」超受け入れか、5月末より

現在、在留資格の認可を受けているものの、入国できていない外国人留学生は約15万人います。

留学生の入国をめぐり松野博一官房長官は9日午前の会見で、2022年5月末には日本への入国を希望する留学生のうち相当数が入国可能となる見通しを明らかにしました。

留学生については今後、円滑な入国を可能にするため「留学生円滑入国スキーム」と呼ばれる制度を設けています。

これは当該フライトの空席を活用し、ビジネス客が比較的少ない月曜~木曜日を中心に、留学生の優先的かつ円滑な入国を可能とするものです。

水際対策に伴う入国者数の上限引き上げを実施することで、留学生の受け入れを推し進めていきたい考えです。

関連記事:インバウンド再開はいつになる?見通しと今後のインバウンド市場の動向を解説

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
首相官邸:岸田内閣総理大臣記者会見(令和4年3月3日)
首相官邸:内閣官房長官記者会見(令和4年3月9日午前)
文部科学省:留学生円滑入国スキーム

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!