ふるさと納税とは、生まれ故郷などの地元や応援したい思い入れのある自治体にお金を寄付することで、所得税の還付や住民税の控除のほか地域の名産品などお礼の品がもらえる仕組みを指します。

地方で生まれた多くの人は進学や就職を機に生活の拠点を都会に移す昨今、その地で納税を行うこととなります。

結果、都会の自治体が税収を多く得る一方で生まれ育った自治体には税収が入らない状況を受け、「今は都会に住んでいても、自分を育んでくれた「ふるさと」に、自分の意思で、いくらかでも納税できる制度があっても良いのではないか(ふるさと納税研究会報告書より/平成19年10月)」という問題提起からふるさと納税制度が開始されました。

2020年9月のJMRO調べでは1,600地域37万点から名産品を選べるほか、使い道を指定した寄付が可能です。

日本で時折発生する軽石漂着、地震、大雨による災害などの環境被害への寄付金としてのふるさと納税が都度行われています。

 

役にたったら
いいね!してください