アーユルヴェーダとは、5,000年以上前にインドで生まれた世界最古の予防医学のひとつで、サンスクリット語のアーユス(生命)とヴェーダ(科学)を組み合わせた言葉です。

心の状態を第一とし、心身の相互関係を重要視しているアーユルヴェーダは「空、地、水、火、風」の5要素からできていると考えられており、これらの組み合わせから成る「ドーシャ」のバランスが人間の体質や性格などに影響するとされています。

昨今、アーユルヴェーダは日本でも心身の健康を保つための予防医学として注目されつつあり、アーユルヴェーダを扱うサロンや国内ホテルの特集が組まれています。

 

役にたったら
いいね!してください