バブル方式とは、大会に参加する選手や関係者の移動時や滞在時に外部との接触を遮断するため、開催地を大きな泡で包むように囲うことで行動範囲を一定の空間に限定し、選手や関係者を隔離する方法を指します。

大きな泡(バブル)で包むように内部と外部を遮断することから、「バブル」と呼ばれています。

直近では東京オリンピックで、新たな変異株の流入や、新型コロナウイルスの感染拡大リスクを最大限抑える大会運営の手法として実施されました。

大阪府で開幕するフィギュアスケートの国際大会「グランプリファイナル」や、北京冬季五輪でもバブル方式が活用される見通しです。

 

役にたったら
いいね!してください