フードダイバーシティとは、直訳すると「食の多様性」で一般的には、世界には食文化や食習慣、宗教などを理由に、特徴的な食品や料理が多様に存在することを理解しそれらを受け入れる環境づくりを指します。

フードダイバーシティについては、宗教や地理的特性だけでなく、健康上の嗜好に基づくものや医療的な制限も含めて捉える場合もあります。

代表的な例がアレルギーなどの「食べることができないもの」、宗教上の理由から「食べてはいけないもの」、個人の趣向上の理由から「食べたくないもの」に大別されます。

詳しくはこちら

 

役にたったら
いいね!してください

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる