手配旅行とは、旅行業法で定められた旅行契約形態の一つです。

旅行者の要望によって、宿泊や航空機などを代理で手配する契約となっており、旅行会社の業務は旅行者の委任を受けて取り次ぎを行うことに留まります。

旅行の計画を立案するのは旅行者であり、旅行会社の企画的要素は存在しません。

旅行中に起きた事故・旅程の変更などについても、旅行会社の責任はありません。

 

役にたったら
いいね!してください