この記事は約6分で読み終わります。

今年8月26日に公開された新海誠監督のアニメーション映画「君の名は。」。10月21日の台湾での配給開始を皮切りに、海外での配給が続々とスタートしています。

中国では日本映画新記録を樹立しており、昨年100万人が実施した聖地巡礼に拍車がかかることが推測されます。

 

映画「君の名は。」の日本での興行収入、反響

「君の名は。」は新海誠監督の長編アニメーション映画です。日本では2016年8月26日に公開され、公開日の金曜から土日の3日間で、動員96万人、興行収入12.8億円を記録しました。

先日12月6日には、配給会社の東方が、「君の名は。」の興行収入が200億を超えたことを発表。公開から12月5日までの102日間の放映で、動員数は1539万人を突破。公開から9週連続で週末興行ランキング1位を獲得しました。

邦画歴代興行収入ランキングでは、ジブリ映画「もののけ姫」を超え、執筆現在第2位。今なお1位に君臨するのがジブリ映画「千と千尋の神隠し」で、その興行収入は308億円。興行収入200億円を突破したのは1位の「千と千尋の神隠し」以来で、15年ぶりの快挙となります。

「君の名は。」の海外での公開状況:11月以降、主要訪日国で次々と公開

海外での「君の名は。」公開状況:wikipediaより引用

海外での「君の名は。」公開状況:wikipediaより引用

「君の名は。」は10月21日の台湾での公開を皮切りに、11月にはシンガポール、タイ、香港、マカオ、イギリス、アイルランド、オーストラリア、そして12月にはニュージーランド、中国、インドネシアなどで公開されています。

「君の名は。」の海外での躍進:米映画賞受賞、中国では新記録

今月4日(日本時間5日)、オスカー賞の前哨戦と言われる、ロサンゼルス映画批評家協賛会のアニメ映画賞を「君の名は。」が受賞しました。この受賞で4つ目の海外映画賞を獲得したことになります。

アジアでも「君の名は。」人気が高まってきており、12月2日から公開が始まった中国では、公開後金曜から日曜までの週末3日間での興行収入は2.8億元(42億円)にのぼり、中国で公開された日本映画のなかで過去最高の売上を記録しました。その他、台湾、タイ、香港においても週末興行収入で1位を獲得しており、海外各国で大躍進を果たしています。

 

インバウンドビジネスへの影響は?

いわゆる「クール・ジャパン」のメインコンテンツである日本アニメーション。ここまでの大反響があることから、インバウンドビジネスへの好影響が考えられます。

昨年は100万人弱の訪日外国人観光客が「聖地巡礼」

観光庁の訪日外国人消費動向調査によれば、訪日外国人観光客の4.4%が「映画・アニメ縁の地を訪問」したと回答しており、昨年の訪日外客数1,974万人のうち100万人弱が「聖地巡礼」を行ったということになります。

また、次回の訪日でしたいこととして「聖地巡礼」をあげている訪日外国人観光客は10.5%にのぼっており、「君の名は。」効果によるインバウンド需要促進が期待されます。

<関連>

「君の名は。」効果が期待される地域は?

「君の名は。」劇中で登場する、またはモチーフとなっているのではと言われているのが長野県の諏訪湖、岐阜県の飛弾、そして東京の新宿区周辺です。

長野県の諏訪湖は、「君の名は。」物語の中心となる「糸守湖」のモチーフなのではないかと言われています。諏訪湖東部にある「立石公園」からの遠景が、「糸守湖」と酷似していることから”聖地”化しています。

しかしながら、新海誠監督公式Twitterアカウントでは、「諏訪湖=糸守湖」の説を否定。それぞれのスタッフが持つイメージを合わせて創造した地域としています。

また、その他の地域では明らかに作画の参考になったと思われる場所があります。劇中の「糸守町」の麓の飛騨市は以下のように背景作画の参考にされています。

また、主人公の「立花 瀧」が暮らす新宿周辺も作画のモチーフとなっています。

特にキービジュアルに使用されたと思われる四谷の「須賀神社」は人気の聖地巡礼スポットとなっています。

北海道では「狙った恋の落とし方。」効果で訪道中国人観光客数が3倍に

すでに訪日中国人観光客においては聖地巡礼(ロケツーリズム)として、中国映画「狙った恋の落とし方。」の影響で北海道人気が不動のものとなった実例があります。「狙った恋の落とし方。」の場合、ロケ地が観光資源豊富な北海道であったことも寄与し、公開2年後には北海道を訪問する訪日中国人観光客が、公開前の3倍にまで増加しました。

「狙った恋の落とし方。」は、映画公開後19日間で興行収入が3億元(当時レートで約41億円)、対して「君の名は。」は公開後3日間で2.8億元(42億円)ですので、「狙った恋の落とし方。」の効果を鑑みるに、相当のインバウンド需要の喚起が推測されます。

 

まとめ:日本アニメーションの大躍進でインバウンド聖地巡礼が促進されるか

中国では異例の大ヒットを誇っている「君の名は。」。人口の差もありますが、公開3日で日本を超える興行収入42億円を叩き出したのは驚異的です。

前述のとおり、中国市場では「狙った恋の落とし方。」の影響で北海道の聖地巡礼(ロケツーリズム)が確立しており、公開前後では訪道中国人観光客は約3倍になっています。興行収入ベースでは、「君の名は。」は「狙った恋の落とし方。」を超えるペースでヒットしているため、かなりのインバウンド需要の喚起が推測されます。

また、「君の名は。」以降も、今年は日本アニメーション映画が豊作で、9月17日公開の「聲の形」、そして11月12日公開の「この世界の片隅に」も話題となっています。そのため、来年以降のこれらの映画に換気されたインバウンド需要に注目が集まります。

<関連>

<参考>

 

訪日ラボに「いいね」をして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…