この記事は約3分で読み終わります。

アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの監督として知られる富野由悠季さんを理事長に迎え、理事会にはKADOKAWAやJTB、日本航空の代表らが参加。さらには観光庁とも連携を図るという磐石の布陣で、平成28年(2016年)9月16日の発足当初から注目を集めているアニメツーリズム協会。平成28年(2016年)12月12日に、内閣府が公募していた「クールジャパン拠点連携実証プロジェクト」に参画し、アニメ作品に関連した「ロケツーリズム」(通称:聖地めぐり、聖地巡礼)の実証実験を行うことが発表されました。クールジャパンを支える代表的な団体として、ますます存在感を発揮していくことになりそうです。

今回は、アニメツーリズム協会が取り組むこととなった大ヒットアニメ映画「君の名は。」を活用した事業「アニメの舞台となった地域を核とした拠点間連携による日本の魅力の一体的・効果的発信」の内容をご紹介します。

 

発信力の強化、人材育成の推進などを目的とするクールジャパン拠点連携実証プロジェクトとは?

本題に入る前に、「クールジャパン拠点連携実証プロジェクト」について解説しておきましょう。

内閣府は日本のアニメやゲーム、食、ファッション、伝統文化などを海外に発信するクールジャパンに関連した取り組みを推進しています。「クールジャパン拠点連携実証プロジェクト」は、三菱総合研究所(MRI)が内閣府から受託した事業で、全国に点在するクールジャパンの拠点を連携・ネットワーク化することを目的としたもの。

クールジャパンには多種多様な事業者が関わるため、それぞれにはあまり接点がありませんが、連携させることで発信力の強化、人材育成の推進といった効果をもたらす狙いがあります。

訪日外国人観光客側から見ると、アニメやマンガ、伝統文化、食、デザインといった日本文化を楽しみやすくなるだけでなく、各分野の事業者のコラボレーションによって新産業が創出されれば、これまでになかったコンテンツが楽しめるようになる可能性もあります。

 

アニメ映画「君の名は。」とは?:日本のみならず、海外でも興行収入記録を塗り替えている大ヒット作品

「ほしのこえ」「秒速5センチメートル」「言の葉の庭」などのアニメ映画作品で知られる新海誠監督が手がけた「君の名は。」は平成28年(2016年)8月26日に公開されて以降、記録的な大ヒットとなり、12月に興行収入200億円を突破。これは「ハウルの動く城」「もののけ姫」「崖の上のポニョ」などの日本では誰もが知っているジブリ映画を上回る驚異的な記録です。

11月10日にはタイ、12月2日には中国での上映がスタートし、タイでは数億円規模、中国では100億円に迫る興行収入になり、日本映画歴代1位を達成。両国で「STAND BY MEドラえもん」を追い抜いた格好になります。12月28日にはフランス、2017年(平成29年)1月4日には韓国で劇場公開されることが決定しており、今後も日本映画史を塗り替えていくことが期待されています。

 

「君の名は。」の聖地でモニターツアーや意見交換会を実施

アニメツーリズム協会が取り組む「アニメの舞台となった地域を核とした拠点間連携による日本の魅力の一体的・効果的発信」の拠点となるのは、そんな世界的なヒット作品となった「君の名は。」の舞台である飛騨エリア。

飛騨エリアで、台湾やタイの「君の名は。」のファン20人を招いたモニターツアーを開催するほか、2017年2月には有識者インフルエンサー、ワーキング委員会などが参加する「インバウンド意見交換会」を実施する予定です。ここでは各クールジャパン拠点をつなぎ、インバウンド観光を盛り上げるための仕組みを検討することになっており、モデルプランの立案も行なわれます。

これらの結果は事業報告書としてまとめられ、アニメ作品を観光資源とした訪日外国人観光客数の増加施策、広域周遊ツアー設計などに活用される予定。いわゆる「聖地巡礼」「聖地巡り」は、日本のアニメファンたちが1990年代から自発的に始めた観光スタイルですが、今後は官民一体となったプロジェクトの一部として強力にプッシュされることになりそうです。

 

まとめ:アニメツーリズムがさらに加速!

アニメツーリズム協会は12月12日、内閣府が公募していた「クールジャパン拠点連携実証プロジェクト」に参画し、「アニメの舞台となった地域を核とした拠点間連携による日本の魅力の一体的・効果的発信」というプロジェクトに取りかかることを発表しました。

有名ジブリ作品の興行収入を次々と越え、海外でも日本映画歴代1位を達成しているアニメ映画「君の名は。」の聖地で、モニターツアーや「インバウンド意見交換会」などを実施します。アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズで有名な富野由悠季さんが理事長に就任したことなどからアニメツーリズム協会は発足当初から注目を集めていますが、これからはますます存在感を発揮していくことになりそうです。

 

訪日ラボに「いいね」をして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…