海外から見た日本ブランドのイメージ「ハイテク」47.3%、ジャパンブランド調査2019

海外から見た日本ブランドのイメージ「ハイテク」47.3%、ジャパンブランド調査2019

電通の海外消費・訪日動向調査

株式会社電通は4月15日、「ジャパンブランド調査2019」の結果を公表。2018年12月に20ヶ国の国・地域で日本への訪日意向や、日本製品全般に関する海外消費者の意識などを調査したものです。

「ジャパンブランド調査2019」

「ジャパンブランド調査2019」

日本ブランドのイメージ「ハイテク」

レポートによると、20ヶ国・地域の中で「行きたい国」は日本がトップ。アジア諸国を中心に40%以上の回答を得ていますが、昨年と比較すると欧州エリアからの意向が高まっています。

日本製品の持つイメージを聞いたところ、「ハイテク」47.3%、「高性能」41.8%、「信頼できる」41.6%でした。

「ハイテク」「高性能」は2015年と比較するとわずかにスコアダウンし、一方で「こだわりのある」が5.1ポイント、「他にはない(Only one)」が4.4ポイントアップしました。

成長カテゴリーの予測は「医薬品」「ジュエリー」

使ったことがある・興味がある・自国にあれば使ってみたい日本ブランドを聞いたところ、いずれも「TV、オーディオなどの AV 機器」「自動車、バイクなどの輸送機器」が上位。それに続くのは、「健康食品・飲料」「化粧品」「医薬品」となりました。

レポートでは、今後の成長ポテンシャルが高いと考えられるカテゴリーは、使ってみたいブランド3位にランクインした「医薬品」、経験や興味でASEANエリアからの回答が高かった「ジュエリー」と予測しています。

(画像は電通の公式ホームページより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社電通のプレスリリース
http://www.dentsu.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。