約5割が言葉の壁が購入を阻むと感じてる?外国人に聞いた日本のビジネススーツ調査

レナウン、訪日外国人の意識調査

株式会社レナウンは5月22日、「『日本のビジネススーツ』に関する外国人意識調査」の結果を発表。日本製スーツのクオリティは評価しながらも、情報不足から購入に不安を感じていることが分かりました。

レナウン・ビジネスブランド「ダーバン」

スーツ購入で重視するのは「自分のスタイル」

同社は、ビジネスブランド「ダーバン」の今後の対策として、外国人600名に調査を実施。多くが日本在住ですが、欧米豪や東南アジア、インドなど様々な国籍から回答を得ています。

スーツの着用頻度は、「年に数回」が36%、「月に数回」「毎日」が22%でした。購入頻度は「数年に一度」が51%、「年に一度」26%、「年に数回」18%。購入場所は「百貨店」「テーラー」「ショッピングモール」などが挙げられています。

スーツの購入時に重視することは、「自分のスタイル」が74%。「価格」の67%よりも高い割合となっており、自己表現ツールとして捉えていることが明らかとなりました。

言語による情報不足で購入に至らない?

日本のスーツに好感度を示す人は7割以上。品質は評価されていますが、購入する際の壁は「言語」49%となっており、これは情報収集でも同様の指摘があります。

続く問題は「サイズ」で44%。購入の際に役立つ情報でも「サイズの選択」が67%と多く、興味はあっても、外国人向けの情報の少なさが購入に戸惑いを感じさせている一因となっていることが分かりました。

(画像は写真ACより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社レナウンのプレスリリース
https://www.renown.com/news/corporate-news/2019/190521.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。