【成田空港】10月の航空発着数・旅客数:外国人利用が過去最高も全体の運用は減少、背景に台風と韓国情勢

公開日:2019年12月03日

成田空港、10月の空港運用状況を発表

成田国際空港株式会社は11月28日、2019年10月の空港運用状況を発表しました。外国人旅行客数が10月として過去最高を記録しましたが、10月は航空発着数・旅客数ともに減少したと報告しています。

成田国際空港・10月の運用状況

成田国際空港・10月の運用状況

発着回数は国際・国内線とも減少

10月の航空機発着回数は、21,122回。国内線・国際線ともに減少し、前年同期比4%のマイナスとなりました。内訳は、国際線が16,822回で前年同月比4%減少、国内線は4,300回で5%の減少となりました。

国際線・国内線とも、10月は台風19号による欠航に加え、国際線では韓国便の減便・運休。国内線は新規就航があったものの、バニラエアとピーチ・アビエーションの経営統合による運航便の調整があったことから、昨年を下回る結果となりました。

旅客数は外国人が10月として過去最高

航空旅客数は、3,568,104人で、過去最高を記録した前年同月より1%減少しました。国際線旅客数は2,972,547人で前年同月を下回り、0.5%の減少ですが、外国人旅客数は前年同月比1%増加の1,517,494人となり、10月として過去最高を記録しました。

国内線旅客数は、前年同月比4%減少し595,557人。発着回数の減少にともない、こちらも前年同月を下回りました。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

成田国際空港株式会社のプレスリリース
https://www.naa.jp/jp/20191128-unyou.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。