ソンクラーン(タイ正月)休暇の4月がハイシーズン、成長止まらぬタイ市場の実態は?【JTBレポート】

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

JTBは、12月4日、東南アジア市場のなかで最も脚光を浴びる「タイの実態」について発表しました。

日本政府観光局JNTO)によれば、2018年の訪日タイ人観光客数は、前年比14.7%増の113万2,100人。東南アジア市場初、通年で100万人の大台を突破しました。

タイは2018年の全ての月で各月としての過去最高を更新しています。特に年間最大の旅行シーズンであるソンクラーン(タイ正月)休暇のあった4月は、過去最高となる15万人に迫りました。

JTB訪日旅行重点15カ国調査2019
JTB訪日旅行重点15カ国調査2019

新規メルマガ会員募集中!今なら限定で【インバウン丼が売れるワケ】が分かる

今後も堅調に推移するタイ市場

「JTB訪日旅行重点15カ国調査」では、タイ人のリピーター比率が高いことが判明。訪日回数は1回目が24.5%、2回以上が75.5%を占めました。

滞在日数では、「4~6日」が53.0%、「7~13日」が30.0%と、“短期派”“長期派”の双方が一定の割合を占める結果となりました。

また、旅行形態では、団体・周遊型(35.5%)とFIT(31.5%)、フリータイム型(31.0%)がいずれも30%台。2017年調査との比較では、FITが5.5ポイント低下する一方、団体・周遊型は4.5ポイント上昇していることから、団体・周遊型を好む傾向があることが見受けられます。

「訪日を決めた理由」は、2017年調査の結果と同じ順位となり、「自然や風景が魅力だったから」(89.3%)が最も高く、「食事が魅力であったから」(78.3%)と「ショッピングが魅力であったから」(72.0%)が続きました。

一方、「温泉が魅力であったから」(71.5%)が2017年調査の結果と比べて8ポイントの上昇。「温泉」が「自然」「食事」に続いて人気であることがうかがえる結果となりました。

なお、「訪日を決める際に比較した国・地域」では、韓国や香港が挙げられました。今後、日本は競合地域に対してどのように優位性やオリジナリティをPRしていくかが、訪日タイ人観光客数増加へのカギになると考えられます。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?



「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる


▼外部リンク

JTB プレスリリース
https://www.jtb.co.jp/

訪日ラボオススメ記事

インバウンド市場の最新動向がわかるオススメの記事をご紹介します。

話題の「インバウン丼」強気な価格でも売れるワケ


SNSで話題を集める「インバウン丼」。1食約7,000円と、驚くような価格の海鮮丼が飛ぶように売れているといいます。

なぜ、これだけ強気な価格でも売れるのでしょうか。

今知っておきたい「インバウンド」情報について、専門家が解説するコンテンツをお届けします。

→ 記事を見てみる:話題の「インバウン丼」強気な価格でも売れるワケ

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに