サウジアラビア政府観光局の日本支局が開設

サウジアラビア政府観光局(STA)は、ディスカバー・ザ・ワールドの業務委託のもと、9月1日より日本支局を解説したことを発表しました。

日本は2019年にツーリストeビザの対象になっており、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が抑えられつつある今、観光客の受け入れ、新たな旅行先として自国を強く紹介することに力を入れていくとのことです。

サウジアラビア政府による日本へのPR

サウジアラビア政府観光局(STA)は現在までで、11ヵ所に観光局を構え21ヶ国へのプロモーションを行っています。

今後15ヵ所まで観光局の開設を目標としているとのことです。STA最高責任者であるファハド・ハミダディン氏は「サウジアラビアが提供するさまざまな文化的な体験、世界クラスの遺産、本物のアラビアのおもてなしをご紹介するために、専門のグローバルチームを揃えました」とコメントしています。

ディスカバー・ザ・ワールドが業務を委託され、日本支局長として奥田重彦氏が就任しました。今後は、旅行業界、一般消費者の両方にセールス、マーケティング活動を行っていくとのことです。

サウジアラビアは2019年9月から日本を含む49ヵ国への観光ビザを解禁していましたが、新型コロナウイルス感染症により観光ビザでの入国を一時ストップしていました。

2021年8月からは政府の指定したワクチン接種者に限り観光ビザによる入国を再開しています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

Trvel vision:サウジアラビア政府観光局、日本支局を開設、ディスカバー・ザ・ワールドに委託

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!