オープンスカイとは、航空協定で定める規制を撤廃し、航空会社が各空港の路線や便数、発着枠、運賃などを取り決めることを指します。

オープンスカイのメリットとして、人・物の流通が促進され、経済効果が高められることが挙げられます。

日本は2007年に「アジアゲートウェイ構想」を発表しており、その中でアジア・オープンスカイを最重要課題として設定しています。

その後、2015年には27カ国・地域とオープンスカイを締結しています。

 

役にたったら
いいね!してください