航空協定とは、国際民間航空運送に関する事項について関係国間で締結される協定です。

1944年に米国・シカゴで締結された、国際民間航空の基本原則を定める「国際民間航空条約(シカゴ条約)」に基づき、路線や便数などの様々な条件が航空協定によって規制されてきました。

その後、1978年には米国で航空規制緩和法が成立し、1992年には航空協定で取り決める規則を自由化するオープンスカイが導入されました。

 

役にたったら
いいね!してください