グリーンツーリズムとは、緑豊かな農村漁村地域において、自然、文化、人々との交流を楽しむ滞在型の余暇活動で、主に長期バカンスを楽しむことの多いヨーロッパ諸国で普及しました。

地元住民にとっては何気ない景色でも、都市部に住む人や訪日外国人にとっては魅力的に映るケースがあるため、地域がもともと持っている魅力を再発見する機会となり得ます。

近年では、新型コロナウイルスの流行により都市型の観光だけでなく、3密を避けた観光形態に注目が集まっていることからも、グリーンツーリズムには多くの関心が寄せられています。

日本では1994年に「農山漁村余暇法」が制定されたことで、グリーンツーリズムが本格化しました。

詳しくはこちら

 

役にたったら
いいね!してください