デジタルサイネージとは、駅や店舗、施設、オフィス、公共施設などでディスプレイやプロジェクターなど、電子的な表示機器を使って情報を発信する媒体の総称を指します。

デジタルの映像機器を用いることで多くの情報を手軽にタイムリーに発信できることから、デジタルサイネージは急速に広まっており、近年大きな注目を集めています。

街中で利用されている例に、駅や空港での案内板、景観向上のための街の空間アート、金融機関内での株価情報の表示などが挙げられます。

また掲出物にとどまるだけでなく、動画による視認性の強化や特定のターゲットへの訴求が可能な点など、マーケティングの観点からも新しいメディアとして注目されています。

東京都新宿区の新宿御苑にあるインフォメーションセンター「National Parks Discovery Center」では、デジタルサイネージの活用で国立公園の認知促進と来訪意欲の向上の促進に注力しています。

 

役にたったら
いいね!してください