世界遺産とは、1972年にユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(通称:世界遺産条約)に基づいて「世界遺産リスト」に記載されている物件を指します。

登録される物件は「顕著な普遍的価値」を持っていることが求められます。

これはいかなる人でもその物件を同じように素晴らしいと感じる価値を指し、こうした物件を世界遺産として登録することで、人類共通の財産を保全することが世界遺産の目的とされます。

 

役にたったら
いいね!してください