従価税とは、財やサービスの取引価格を基準として税率を決定する課税方式を指します。

日本では一般的な課税方式で、消費税や輸入関税などが従価税に該当します。

従価税の特徴に、取引時の価格に比例し税負担が増大するため、物価の上昇に伴い税額が増え、価格の下落に伴い税額が減額する点が挙げられます。

税が商品の価格に課税されるため、インフレーション期の徴税方法として効果的ですが、商品価格の下落もそのまま税額に影響します。

他の課税方式として、財やサービスの個数を基準として税率を決定する従量税が存在します。

 

役にたったら
いいね!してください

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる