従量税とは、財やサービスの個数を基準として税率を決定する課税方式を指します。

日本においては酒税、揮発油税や関税の一部が該当します。

商品の量を基準として課税されるため、商品価格の変動に影響されずに一定の税収を確保することができます。

従価税よりも税額の査定が容易であることもメリットです。

他の課税方式として、財やサービスの取引価格を基準として税率を決定する従価税が存在します。

 

役にたったら
いいね!してください