深度遊」は観光旅行における比較的新しい概念です。

時間と体力を自分のペースで消費し、旅先の空間にある自然や芸術品を心行くまで堪能することを意味します。

以前よりも中国人観光客の「文化」への関心が高まっていたことが背景にあるとされています。


これまでの観光旅行で重視されてきた、旅先での滞在時間や、観光名所とされる場所を数多く訪れることは、「深度遊」においては重要な指標にはなりません。

深度遊では、旅先でなければ得られなかった学びを手にできたかや、感覚を体験できたかどうかが重視されます。

その都市の伝統的な食に関する知識、商圏ができることになったいきさつなど、「深度遊」のテーマによって旅行者が関心を抱く事項は様々ですが、「深度遊」の旅行者は共通して、現地の文化や歴史、そして現在について書面でしか得られなかった情報を現実と照らし合わせ、旅行を通じて知識を深めることに大きな楽しみを見出しています。

事前に調べて「面白そう」と感じられる都市や、映像作品で舞台となっている都市がその候補となりえます。


特に「深度遊」を意識している層を誘致するためには、どのような歴史やエピソードにより名を成した場所なのか、なぜ貴重な料理と言えるのかといった背景を伝えられるかどうかが大切になってきます。

詳しくはこちら

 

役にたったら
いいね!してください