燃油サーチャージとは、正式には「燃油特別付加運賃」と呼ばれるもので、飛行機の燃料価格高騰時に通常の渡航費とは別途で、乗客に燃料価格の一部を負担してもらう制度です。 

JALやANAなどの大手航空会社では燃油サーチャージを設けている企業が多いものの、LCCと呼ばれる格安航空会社に属する企業では燃油サーチャージを設けていないことも少なくありません。 

燃油サーチャージ額は、2カ月周期で設定されていることが多く、その場合には2カ月に1度燃料価格相場と照らし合わせて燃油サーチャージ額が見直されます。 

燃油サーチャージとして支払う金額は運航に必要な燃料の量に応じて決定されるため、距離の長いフライトになるほど高くなります。 

また、燃油サーチャージを支払うタイミングは航空券の購入時であるため、同じ飛行機の乗客であっても航空券の購入時期によって支払う燃油サーチャージ額が異なるということもあります。 

詳しくはこちら

 

役にたったら
いいね!してください