観光公害とは、観光によって発生する諸問題の総称で、中でも観光客の急激な増加によって悪影響が生まれるオーバーツーリズムが代表例としてあげられます。 

観光公害の例としては、観光客のマナー低下による環境汚染、キャパシティ以上の観光客が観光地に訪れることによる混雑などがあります。 

観光公害ではそれぞれの原因に合わせた対策の策定が必要とされ、特にオーバーツーリズムへの対策としては観光税や入場税を設ける方法が主流です。 

観光公害への対策で重視されるのは「持続可能な観光(サスティナブルツーリズム)」の実現です。 

観光は、国や地方にとっての貴重な財源でもあるため、観光業界を縮小させることなく、観光による悪影響を軽減させていくことが大切であるとされています。 

詳しくはこちら

 

役にたったら
いいね!してください