オーバーツーリズムとは、多数の観光客が観光地を訪れることにより発生する諸問題の総称で、観光公害とも呼ばれます。 

オーバーツーリズムは、観光客の数が増えることによって観光業の発展や地方創生などのメリットが得られる背景で起こりうる問題として指摘されており、訪日外国人観光客数が増加を続ける近年、オーバーツーリズムに悩まされる観光地は後を断ちません。 

オーバーツーリズムの中には、さまざまな観光地で共通して発生する問題と、それぞれの観光地に特有の問題があります。 

前者に該当するものとしては観光地周辺の混雑や渋滞、ごみのポイ捨て、騒音問題、宿泊施設不足などがあり、後者に該当するものとしては京都において外国人観光客向けの多言語対応看板が氾濫することにより街の景観を壊してしまう事例などがあります。 

オーバーツーリズムへの主な対策としては、入場制限によって観光客の過度な流入を防ぐことや、周辺の比較的空いている観光地のプロモーションに力を入れることで混雑を分散させることなどがあげられます。 

詳しくはこちら

 

役にたったら
いいね!してください