Airbnb(エアビーアンドビー)は2015年11月時点で全世界191カ国、3万4000都市に200万物件を誇る民泊サービスです。

アメリカのカリフォルニア州で生まれた企業で、創業は2008年で、圧倒的な成功を収めた企業として良く名前が上がるサービスです。

日本への進出は2014年5月で、平成27年度における日本での登録物件数は21,000件(前年比374%の成長)、日本を訪れたゲストは100万人(前年比530%の成長)と、その成長スピードに注目が集まっています。


Airbnbの行う中心的な事業は「宿泊施設を探している人」(ゲスト)と「宿泊施設を提供する人」(ホスト)をマッチングするサービスです。

通常の宿泊施設と比較した際の大きな特徴としては、比較的価格帯が安く、様々な立地の部屋を選べることや、ホスト側が独自のコンセプトでの提供を行っているため、自由度が高い点などが挙げられます。


現在、民泊サービスが宿泊施設の解消に役立つ事が期待され、非常に注目を浴びていますが問題点もあります。

ホストの中には知らず知らずのうちに、旅館業法、建築基準法、消防法などに違反している、法的にグレーなまま宿泊施設を提供してしまっているという例があります。

また、法的な問題以外にも、近隣住民とのトラブルといった問題が多発するなど、解決すべき点は多く残っているといえます。

詳しくはこちら

 

役にたったら
いいね!してください