IATAとは、1945年にハバナ協定により設立された世界の航空運輸企業の業界団体を指します。2010年8月時点で233の航空会社が加盟しています。

運賃、サービス、航空技術などの共有・統一を図ることを目的としています。

同様に航空の一貫を図るICAOが各国政府によって構成されているのに対し、IATAは航空会社によって構成されている点で差異があります。

 

役にたったら
いいね!してください