この記事は約3分で読み終わります。

海外旅行で便利なクレジットカードですが、訪日外国人観光客にとってもそれは同様で、様々な場面でクレジットカードの利用場面があります。日本クレジットカード協会は日本を「世界で最もクレジットカードが使いやすい国」にするという目標を掲げており、2014年に訪日外国人観光客を対象としたカードの利用環境に関するアンケート調査を行っています。

訪日外国人観光客が日本でクレジットカードを利用しなかった理由:観光立国実現に向けたクレジットカード業界としての取り組み 要約版 より引用

訪日外国人観光客が日本でクレジットカードを利用しなかった理由:観光立国実現に向けたクレジットカード業界としての取り組み 要約版 より引用

この調査の中でクレジットカードの利用意向がなかった理由の中には「旅行先ではカードが使いにくいことをガイドブック、インターネットまたは旅行代理店で知ったから」という理由があります。

日本でのクレジットカード利用環境について訪日外国人観光客が不満、非常に不満を選んだ人の理由:観光立国実現に向けたクレジットカード業界としての取り組み 要約版 より引用

日本でのクレジットカード利用環境について訪日外国人観光客が不満、非常に不満を選んだ人の理由:観光立国実現に向けたクレジットカード業界としての取り組み 要約版 より引用

また、カード利用環境について不満、非常に不満を選んだ人の理由としては「店舗の入り口等にカードが利用可能かどうかの表示がなかった」「使えるかどうかがガイドブック・ホームページ・旅行代理店等ではわからない」という回答が集まっています。

日本クレジットカード協会は「訪日外国人観光客への適切な情報発信」「クレジットカード利用表示の有効性に関する全国観光地への発信」「加盟店向けコミュニケーションサポートツールの提供」により、訪日外国人観光客向けの利便性向上としてのクレジットカード利用環境の整備が可能となり、国内における消費促進が期待できると位置付けています。それでは「世界で最もクレジットカードが使いやすい国」を実現するための具体的な施策とはどのようなものなのでしょうか?

 

訪日外国人観光客への適切な情報発信による”利用環境の認知”の向上

訪日外国人観光客は「クレジットカードが使えるかどうか」をガイドブック、ホームページ、旅行代理店で予め調べてくる場合がほとんどですが、こうした情報が最新でないとそもそも意味がありません。

そのため日本クレジットカード協会は、訪日外国人観光客がよく参照する書籍やウェブサイトの情報の是正対応を検討しており、官民共同でクレジットカードの利用環境を整備、利用可能表示を店頭貼付する活動を実施しています。そしてなおかつ、そういった行動を様々なプロモーション媒体で告知しています。

全国観光地のクレジットカード利用可能表示の促進

観光地の中にはクレジットカード利用可能という表示を出しておくことによって、観光客の消費意欲が高まるという事を理解していないところも多く、そうした観光地に向けてインバウンド消費の取込みに効果があることを説き、加盟店の店頭、加盟店の公式サイト等へでも同様にクレジットカード使用可能という情報の発信を呼びかけ、クレジットカード利用可能な加盟店の受入体制を整備、訪日外国人観光客の国内消費を促進させることを目指しています。

また、訪日外国人観光客受け入れにおいて、利用可能表示の重要性を国内の小売事業者へ官民一体で伝達。将来的にはICTを活用した利用可能表示の高度化を検討しています。

 

加盟店向けコミュニケーションサポートツールの提供による“加盟店における言語対応”の強化

訪日外国人観光客向け「指差しシート」より引用

訪日外国人観光客向け「指差しシート」より引用

ショッピングの現場での訪日外国人観光客の不満の1つである「店員に聞いても言葉が通じない」という問題を解決するため、日本クレジットカード協会は小売店に対して決済シーンの多言語対応をサポートする「指差しシート」の自治体・商店街等との連携による拡散やICTの活用を図っています。

 

まとめ

日本クレジットカード協会が行った調査によると、日本のクレジットカード利用環境に関する満足度は、観光先進国であるフランスと比較しても低くはないとしながらも、「世界で最もクレジットカードが使いやすい国」を目指すために、まだまだ様々な対策が必要としています。

小売店規模で考えみても、まずは「各種クレジットカード使えます」というPOP作成を複数言語で作成することから始められますので、挑戦してみたはいかがでしょうか。

<参考>

 

訪日ラボに「いいね」をして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…