この記事は約2分で読み終わります。

日本を訪れる訪日外国人観光客は、そもそも何を目的に日本を訪れているのでしょうか?日本は海外には珍しい明確な四季、季節とともに移り変わる自然風景、大都市部でのショッピング、豊かな伝統文化などがありますが、実はその中で最も注目を集めているのは日本の料理なんです。

訪日外国人は日本を訪れる際に何を期待しているのか?

訪日外国人観光客が旅行前に期待していたこと:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

訪日外国人観光客が旅行前に期待していたこと:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

観光庁が発表している「訪日外国人の消費動向 平成28年10-12月期報告書」によると、訪日外国人観光客が日本を訪れる前に最も期待していることは、「日本食を食べること 69.9%」「ショッピング 52.0%」「自然・景勝地観光 47.9%」「繁華街の街歩き 39.4%」「温泉入浴 29.3%」などとなっています。(※複数回答可)つまり、日本を訪れる外国人観光客の7割が、「日本食を食べてみたい」と思っているということです。

どのような日本食の満足度が高いのか?

訪日外国人観光客が満足した日本食:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

訪日外国人観光客が満足した日本食:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

それでは実際にどのような日本食を食べて訪日外国人観光客は満足感を得ているのでしょうか?回答結果は国によって異なりますが、韓国、台湾、香港、中国、アメリカの5カ国の出身者がいずれも満足していると言えるのが「ラーメン」と「肉料理」です。

訪日外国人観光客には人気が高いと思われている「寿司」に関しては、台湾と香港出身の観光客はあまり満足していないようです。また「魚料理(寿司を除く)」に関しては韓国とアメリカ出身の観光客の満足度が低く、普段食べ慣れていない味や、普段口にしない食品に関しての満足度は低い事が伺えます。

なぜその日本食に満足したのか?

訪日外国人観光客が最も満足した日本食の理由:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

訪日外国人観光客が最も満足した日本食の理由:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

個別の日本食について、どのような点に関して満足したのかについては、「寿司」の回答数が最も多く、その理由として「美味しい」「品質が良い」という回答が多くなっています。その次に回答が多かったのが意外にも「肉料理」で、こちらも同様に「美味しい」と理由が多く挙げられています。また、近年各国で人気が高まっている「ラーメン」が3番目の回答数となり、その次に「魚料理」、「その他日本料理」と続く形になりました。

「美味しい」「品質が良い」以外の理由が多かった料理としては、「伝統的・日本独特」という回答が多かった「小麦粉料理」「その他日本料理」です。「小麦粉料理」に関しては、お好み焼きやたこ焼きなどの「粉もの」が人気なのだろうというのは想像に難くありません。

まとめ

日本を訪れる訪日外国人観光客が何を求めて日本に来ているのか?というのはなかなか知る機会がありませんが、こうして見ていくと、日本食を最も楽しみにしていることがわかります。

その中でも一般的に人気だと言われている「寿司」、「天ぷら」、「そば・うどん」の中では「寿司」だけが最も満足した食事のトップ3に入っており、「肉料理」、「ラーメン」という伝統的な日本料理だと思われていない料理がトップ3に入っているというのは興味深いです。

<参考>

 

役にたったら
いいね!してください

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…