この記事は約3分で読み終わります。

この1週間、特に東京や大阪などのインバウンド主要観光地で欧米系訪日外国人観光客をよく見かけませんでしたでしょうか?それもそのはず、今週末 4月16日にはキリスト教の祭日である「イースター(復活祭)」があり、このシーズンは、イースター休暇に桜(花見)需要の後押しが重なった欧米系訪日外国人観光客のインバウンド需要ピークになるのです。

 

イースター(復活祭)とは:キリスト教で最も重要な祭日

イースター(復活祭)とは、十字架にかけられ亡くなったキリストが、その後3日目に復活したことを記念するキリスト教で最も重要な祭日です。イースター(復活祭)は毎年「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」、つまり3月22日から4月25日の間のいずれかの日曜日に祝われます。また、キリストが十字架にかけられた日、つまりイースター(復活祭)の直前の金曜日もグッド・フライデー(聖金曜日)として、さらにイースター(復活祭)の直後の月曜日もイースター・マンデーとして祭日となっています。

イースターを祝う「イースターエッグ」という習わし 卵の孵化を復活に見立てるという説がある

イースターを祝う「イースターエッグ」という習わし 卵の孵化を復活に見立てるという説がある Designed by Freepik

これらのおよそ1週間をイースターといい、たとえば欧州では主要株式・債券市場はグッド・フライデー(聖金曜日)からイースター・マンデーまで休場となったり、アメリカでは連邦祝日として制定されてないものの、学校はお休み、企業も休みとするケースも数多くあったりします。

イースター×桜で欧米系インバウンド需要がピークを迎える

イースターでは学校がお休みになることもあり、欧米圏では前後に休暇をつけて1週間程度の長期休暇とするケースが多いようです。さらに、このシーズンは日本は桜(花見)のシーズンということもあり、イースター休暇需要×桜(花見)需要の相乗効果で欧米系インバウンド需要が夏休みのバカンスに次ぐピークを迎えるシーズンとなります。国固有の文化的背景による休暇でインバウンド需要が高まり、またそのシーズンが年によって異なる、という意味では欧米圏版「春節」とも言えるでしょう。

イースターの時期の各国の訪日数は?

それでは、イースター休暇の時期の訪日外客数は実際に増加しているのか確認してみましょう。

インバウンド市場主要欧米圏各国のイースターシーズンの訪日外客数

インバウンド市場主要欧米圏各国のイースターシーズンの訪日外客数

インバウンド市場において主要な欧米圏各国の訪日外客数の推移を見てみると、訪日米国人観光客(アメリカ)や、訪日カナダ人観光客、訪日英国人観光客(イギリス)は、やはりイースター休暇にあたる3〜4月に訪日外客数の増加がみられます。特にイギリスは顕著な伸びを見せます。

一方、南半球に位置する訪日豪州人観光客(オーストラリア)は、オーストラリアの夏休みシーズンである12〜1月と近いので見劣りしますが、3〜4月のイースター休暇で需要減を持ち越した後、観光オフシーズンに入る、という傾向が見られます。

それぞれの国のインバウンド需要のピーク詳細は以下の記事を、

アジア圏でのインバウンド需要のピーク詳細は以下の記事を参照下さい。

 

まとめ:各国特有のインバウンド需要のピークを捉えよう

今年2017年のイースター(復活祭)は4月16日で、その前後の今週〜来週にかけてはイースター休暇による旅行需要、さらには丁度日本の花見シーズンに当たることから桜需要の後押しもあり、欧米圏訪日外国人観光客のインバウンド需要がピークを迎えます。

訪日中国人観光客などの中華圏訪日外国人観光客といえば「春節(旧正月)」、欧米圏訪日外国人観光客といえば「イースター(復活祭)」といったように、それぞれの国の宗教や文化的背景によるインバウンド需要が高まるタイミングがあり、それらを把握することで効果的なインバウンドプロモーションやインバウンド対策を打つことができます。

 

役にたったら
いいね!してください

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…