この記事は約4分で読み終わります。

訪日タイ人観光客は親日的といわれ徐々にリピーターが増えてきており、日本の情報にも感度が高いのが特徴です。訪日タイ人観光客に適切なプロモーションをするには、ニーズを的確に把握することが欠かせません。訪日タイ人観光客を迎え入れる企業のインバウンド面での取り組みを確認してみましょう。

 

訪日タイ人観光客が日本への観光旅行で期待すること

訪日タイ人観光客は日本食やショッピング、繁華街の街歩きや自然・景勝地観光などに期待するとともに、日本の体験型レジャーへのニーズも高くなっています。スキー・スノボやテーマパーク、日本の歴史や伝統文化体験、自然体験などが人気です。

訪日タイ人観光客の日本観光

訪日タイ人の性年代別割合:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

訪日タイ人の性年代別割合:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

訪日タイ人観光客は女性が過半数の55%となっており、年齢層は若めで、40歳代以下の女性だけで約40%を占めます。男性の場合は30台がボリュームゾーンとなっており、16.9%となっています。

家族連れが3割、友人との旅行は1.5割となっており、どちらも訪日外国人観光客全体の平均よりも高い数値となっており、一人旅は少ない傾向です。滞在期間は4〜6日間が約半数の47.6%、7〜13日間が36.5%となっており、ほとんどの訪日タイ人観光客が1〜2週間程度の旅程で訪日しています。

 

訪日タイ人観光客増加への宿泊施設企業のインバウンド対策

北海道を訪れる訪日タイ人観光客の定番ルート:hkd.mlit.go.jpより引用

北海道を訪れる訪日タイ人観光客の定番ルート:hkd.mlit.go.jpより引用

訪日タイ人観光客増加にむけた企業のインバウンド対策の成功事例としては北海道の枝幸町(旧・歌登町)と枝幸町に位置する「うたのぼりグリーンパークホテル」があります。

北海道は札幌を中心として中国人を筆頭としたアジア人に人気の観光スポットですが、枝幸町は北海道の道北に位置し、札幌からは200km(東京―名古屋間に相当)も離れています。

交通アクセスや観光資源の面からいえばけっして有利とはいえない地域です。

企業の顧客志向のインバウンド対策が効を奏する歌登

枝幸町を訪れる訪日タイ人観光客の推移:hkd.mlit.go.jpより引用

枝幸町を訪れる訪日タイ人観光客の推移:hkd.mlit.go.jpより引用

枝幸町は人口2,000人程度の町です。2009年から訪日タイ人誘致のためのプロモーションを開始。その年には0人だった訪日タイ人観光客が、4年後の2013年には1200人以上の訪日タイ人観光客が訪れる大成功を収めています。

そのインバウンドタイ人誘致の中心にいるのが「うたのぼりグリーンパークホテル」です。

うたのぼりグリーンパークホテルのインバウンド対策とは

うたのぼりグリーンパークホテルで餅つきを楽しむ訪日タイ人観光客の様子:diamond.jpより引用

うたのぼりグリーンパークホテルで餅つきを楽しむ訪日タイ人観光客の様子:diamond.jpより引用

うたのぼりグリーンパークホテルのインバウンド対策は、訪日タイ人観光客のニーズを徹底的に取り入れることからはじめました。彼らの要望にこたえ、流しそうめんやマグロ解体ショー、たこ焼き、餅つき、盆踊りなどを、浴衣、作務衣姿の訪日タイ人観光客が楽しんでいます。日本らしい日本のてんこ盛りになっていますが、まさしくユーザーイン(*)の発想でのインバウンド対策を行ったことにより、訪日タイ人観光客からの人気を集めています。

*ユーザーイン:マーケティング用語で、顧客の意見・ニーズを汲みとって製品開発を行うこと。マーケットインとも言う。対義語はプロダクトアウト。

 

体験型レジャー企業のインバウンド対策

千葉市の「ドラゴンファーム」はイチゴ狩り農園として訪日タイ人観光客に人気です。けっして派手ではありませんが、毎日のFacebookの更新など訪日タイ人観光客に対するきめ細やかで地道な取り組みが効を奏しているようです。

タイ語で書かれた案内板:sekatabi.netより引用

タイ語で書かれた案内板:sekatabi.netより引用

また、訪日タイ人観光客の人気を受けて、案内板もイラスト付きのタイ語で説明されています。

地図の老舗企業昭文社が旅アプリ「DiGJAPAN!」で企業のインバウンドをアシスト

mapple.co.jpより引用

mapple.co.jpより引用

地図や観光情報の大手企業・昭文社は2015年、旅アプリ「DiGJAPAN!」をタイ国際航空などと提携してプロモーションするキャンペーンを行いました。商品・サービス情報を提供できるので、企業のインバウンド対策に利用されています。

 

まとめ:大企業でなくてもインバウンド対策はできる

訪日タイ人観光客に働きかける日本企業のインバウンド対策は大企業でなくても充分実践できるものです。そのためには訪日タイ人観光客のニーズを把握したうえで、企業自らのセールスポイントを積極的にアピールしていく姿勢が大切です。現代ではSNS、Webサイトなどを利用すれば、低コストで世界に情報を提供することができます。

<参照>

訪日タイ人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボに「いいね」をして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…