築地魚市場が楽しいのは中国の〇〇に似ているから!訪日中国人の「日本で行ったランキング」で人気スポットを探る

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

こんにちは、トレンドExpress編集部です。日本の四季は観光資源の1つであり、先月は日本各所にある紅葉スポットに多くの中国人旅行客が訪れその景色を楽しんでいたようです。

そこで今回は中国版Twitter「新浪微博」より、11月下旬の「日本で行った」ランキングから、秋の人気スポットを振り返ってみたいと思います。

対象SNS:新浪微博 集計期間:2017年11月22日〜28日

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

日本で「行った」トップ10〜沖縄人気はいつまで続く?

1位「沖縄」、2位「札幌」、3位「清水寺」 となっていますが、実は TOP3は今年1月から変動がなく、これらが中国人旅行客にとって日本旅行の定番として認知されている ようです。特に沖縄は2015年9月から不動の1位となっていますが、この人気はいつまで続くのでしょうか?

中国人旅行客が沖縄を訪れる理由の1つとしては、みなさんご存知のとおり数次ビザが取得できることが大きいでしょう。この制度は、1回目の訪日の際、沖縄に宿泊することで、その後3年間、1回の滞在30日以内に限りビザ申請不要となる観光促進を目的としたビザ制度です。

また中国人旅行客にとって沖縄は、船で行ける手軽な海外旅行先として認知度が高まっているようです。2017年10月のデータでは、飛行機利用者19,300人に対して、船利用者26,100人となっています。前年比でみても、船で訪れる人は大きく増加しています。

参考:平成29年(2017)10月 入域観光客数概況(出典:沖縄県)

しかし実は「沖縄に行った」というクチコミの件数は、2016年9月以降少しずつ減少してきています。またトレンドExpress編集部の調査では、2017年国慶節期間「日本で行った」ランキング(都道府県別)において、沖縄はTOP15圏外となっているのです。

週次でお届けしている「日本で行った」ランキングを見てみると、沖縄県内の観光スポットでランク入りしているのは 「沖縄美ら海水族館」「沖縄海洋博公園」「首里城」 ぐらいで、そのほかに増加する兆しがあまり見られません。また 「那覇の国際通りはさながら中国」 といった声も聞かれて、中国人にとって「海外旅行先」としての価値は下がっている可能性もあります。

さらに 数次ビザについては今年4月から東北6県でも採用 されており、数次ビザを目的に訪れる中国人にとって選択肢が沖縄一択でなくなったことも影響し始めている可能性があります。

2位の札幌のクチコミ件数は今年10月末から上昇を続けています。そのクチコミ数は依然2倍以上の差があるためすぐに札幌が沖縄を超えることはないかもしれませんが、冬本番、札幌がどれだけ沖縄に迫ることができるか、今後の動きが見逃せません。

築地魚市場に路地裏の市場を重ねる中国人

日本人も多く訪れる築地魚市場が6位に入っており、中国人の目にも魅力的に映ることは事実のようです。クチコミを見ても築地場外市場で食べた海鮮の写真がたくさんアップされています。中国人向けに情報発信を行っているブログなどでも、築地市場の様子を取り上げられると多くのイイネを獲得しています。

中国でも今はチェーン店の大型スーパーが庶民の買い物の中心となっていますが、少し路地を入ると、個人商店が連なった市場があり、肉や野菜、魚などが店頭に並べられている光景を見ることができます。そういった市場は活気があり、その場で調理してくれるので新鮮な食材を買いたければスーパーよりも街の市場へ行くという人も未だに多いようです。

そういった 中国の市場の雰囲気と似ているのが築地魚市場 であり、日本の新鮮な海鮮が安く食べられることがクチコミで拡散していることもあって、多くの中国人旅行客が訪れる場所となっているようです。

大阪城が中国人に人気の理由

4位にランクインしている大阪城は、11月1週目に急上昇して4位になってから順位をキープしています。その理由は 「紅葉」 です。大阪城公園の紅葉はちょうど11月上旬から12月上旬が見ごろで、実際に新浪微博でも紅葉の写真を投稿している様子が多くみられました。

大阪にはUSJや通天閣、心斎橋筋商店街など、遊びや買い物を楽しめるスポットはありますが、自然の風景を楽しめる場所は意外と多くありません。そんな中大阪城は、城の中はもちろん、大阪城公園の自然豊かな空間にも人気が高まっています。

また、大阪城からは心斎橋や黒門市場などが近く、それらの場所と組み合わせて旅行を計画する人も多いようです。大阪城は日本の歴史や自然を感じられる場所であり、今後も大阪旅行の定番スポットとして外せない場所になっていくのではないでしょうか。

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの


観光庁は、インバウンドの地方誘客を目的とし、「観光資源の磨き上げ」を推進しています。

これに沿って観光コンテンツの造成や発信力強化に取り組みたいと思うものの、「何からやればいいのかわからない」「やってはみたものの、まだ観光客を呼びこめていない」といった悩みを抱えている自治体・企業の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、食体験、ツアー造成、アクティビティ、アドベンチャートラベルなどを専門として第一線で活躍するスペシャリストたちが集結

「観光資源の磨き上げ」とは何なのか、外国人を惹き付ける観光コンテンツはどう作り、どう発信するべきなのか、徹底議論します!

詳しくはこちらをご覧ください。
専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの?

成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

インバウンド(国際)市場の拡大に伴い、国内では大阪万博やインバウンドへの対応などでグローバルに対応できる環境が必要になっており、日本企業にとって国際市場での競争力確保は重要な課題の一つとなっています。

その鍵を握るのが、インバウンド対策と効果的な外国人採用です。外国人観光客やビジネスパートナーを惹きつけ、国際的な人材を活用することで、企業は新たな成長戦略を構築し、市場で競合に勝つことができます。

今回のセミナーでは、実際に行われた人材活用法を通じて、インバウンド対策と外国人採用が企業にもたらす効果について解説いたします。

実際の事例から学び、自社に適した戦略を見出すためのヒントを得ながら、日本企業がグローバルな舞台で勝ち抜くために必要なスキルや知識を共有し、新たなビジネスの可能性を発見できる機会となっています。

詳しくはこちらをご覧ください。
成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

【インバウンド情報まとめ 2024年5月前半】外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月版レポートから、4月~5月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
岸田首相「2030年に訪日客6,000万人」改めて言及 / 外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に【インバウンド情報まとめ 2024年5月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

トレンドExpress

トレンドExpress

中国トレンドExpress編集部。Webメディアの中国トレンドExpressでは中国向けマーケティングに役立つ様々な情報を発信中。サイトコンセプトは「あなたの中国マーケティングコンシェルジュ」。本コーナーでは主に中国版Twitterの「新浪微博」の日本関連の書き込み件数ランキングについてとりあげ、実際の書き込みを紹介しながら訪日中国人の消費者心理にせまります。

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに