【現地最新トレンド解説】タイ人女性にプロモーションしたい!日本の化粧品やコスメ好きなタイ人観光客向けへの効果的なインバウンドプロモーションとは?

こんにちは。Gear8の山田です。桜シーズンにタイの大型連休「ソンクラーン」が重なり、タイ人の集客を強化する企業が多くなる4月。その時期に合わせてプロモーションするため、そろそろ準備を進めているという方も多いのではないでしょうか。

今日は、商業施設や小売業様の中でも「化粧品・ドラッグストア」と言うジャンルに注目して、タイ人女性の間で人気な商品紹介方法を探ってみます。

日本のコスメがタイで買えるは当たり前

タイのドラッグストアでよく見る店舗と言えば外資系のwatosonsboots、そして日系企業のツルハマツモトキヨシです。日系企業系ドラッグストアで日本ブランドの化粧品を買うことができるのはもちろんですが、外資系ドラッグストアでも日本メーカーの商品を見るのが普通 になってきました。

これらの現地で販売されている商品を把握してプロモーションに活用する場合、

  • あえて 現地で販売されている知名度の高い商品活用 して 日本で購入した方が安いことを強調 する
  • タイでは販売していない新商品や限定商品を強調 して来店促進に活用する
  • bui1get1(1つ買ったら1つもらえるキャンペーン)と言うようなタイのドラッグストアでよく見るキャンペーンと同じ表現 で割引プロモーションを行う

という方法が考えられます。

百貨店・ドラッグストア・お土産店などの広告媒体のタイ語原稿で時々見られるのが、タイでも購入できる商品のスペックをタイ語に翻訳しているだけの案内です。せっかく店舗への来客促進のためのタイ語POPであれば、商品スペックだけでない日本の店舗の特徴や、商品のセット使いのおすすめ をタイ語POPにした方がタイ人にとってメリットがあると言えます。

タイ人ビューティーブロガーがよくやる「ショッピングバッグ」サムネイル

では、商品スペックではない店舗のプロモーションの特徴を見てみましょう。

一昔前は、購入した商品をずらっと並べる写真が多かったですが、最近は「その店の袋いっぱいに購入品を入れた」状態を動画や投稿に活用するスタイルが多くなってきています。

より、実際に購入している雰囲気が伝わるような動画も人気で、リアリティが重要になってきました。

サこれらの動画の共通点は、サムネイルム画像でショップの袋を持っています。

細かいところですが、SNSで配信する際にも サムネイルで店舗のロゴやショッピングバッグで認知度を上げることができる ので、タイ向けの発信で活用したいポイントです。

トラベルバッグも購入イメージがつきやすい

旅行好きなタイ人女性の情報収集は、観光スポットや買い物情報だけではなく、「日本旅行に慣れている人」の発信内容に注目しています。

旅行前に準備するものの中で、日本に来てから購入するのをお勧めすることができる商品もあります。トラベルバッグの中身を紹介する形で、旅行を控えている友人にシェアしたくなる内容を発信するのがポイントです。

日本のドラッグストアやコスメ情報に詳しいタイ人が増えている状況で、「商品情報をタイ語に翻訳するのみの情報配信」ではせっかくの拡散チャンスを逃してしまうかもしれません。4月のタイの大型連休に備えて、タイ人女性目線でプロモーションを工夫してみましょう。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

GEAR8

GEAR8

Gear8 Thailand マネージャー梅木雄太・株式会社Gear8プランナー山田瑞希の2名で共同執筆中。2016年にタイ現地法人を設立し日本国内外のWebマーケティングを行っています。「TrippinoHOKKAIDO」というタイ語で北海道情報を発信するアプリの開発・運用してきた実績から得た「訪日を検討中のタイ人」の特徴を発信します。