訪日外国人がターゲットの「ナイトエコノミー」認知度13%

訪日外国人がターゲットの「ナイトエコノミー」認知度13%

ナイトエコノミーに関するアンケート調査

日本法規情報株式会社は6日、「ナイトエコノミーに関するアンケート調査」について結果を発表しました。

「ナイトエコノミー」とは、主に訪日外国人をターゲットにした、午後8時~午前3時の夜間の消費を喚起する施策です。飲食店や商業施設の24時間営業などが該当します。 「ナイトエコノミーに関するアンケート調査」

「ナイトエコノミーに関するアンケート調査」

ナイトエコノミー体験者は約2割

まず「ナイトエコノミー」という言葉を聞いたことがありますかと尋ねたところ、「はい」が13%、「いいえ」が87%という結果になりました。「ナイトエコノミー」の認知度は低いようです。

続いて、海外旅行の際、海外または日本で「ナイトエコノミー」を体験したことがありますかと聞きました。すると「はい」が21%、「いいえ」が79%という結果になりました。

次に、「ナイトエコノミー」をどんな場面で体験したかを聞いたところ、「アミューズメント施設」が45%、「飲食」が33%、「買い物」が11%となりました。

「ナイトエコノミー」拡大に対して、賛成か反対かを聞いたところ、「賛成」が13%、「反対」が14%、「どちらともいえない」が73%となりました。

賛成派の理由として「ナイトエコノミーの拡大による経済効果」、反対派の理由として「ナイトエコノミーの拡大による治安悪化や過重労働」が挙がっています。

また「ナイトエコノミー」に期待することを聞きました。すると「経済効果」が47%、「地域活性化」が25%、「観光復興」が14%、「公共機関の充実」が13%という結果になりました。やはり経済効果に対する期待が大きいようです。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

日本法規情報株式会社 プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000168.000006827.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!