「ユニークベニュー」って知ってますか?街全体の地域活性化に貢献&国際会議参加者が絶賛!今注目の地域巻き込み型のユニークベニューは今後のインバウンドにおいてどのような効果があるのか?

「ユニークベニュー」って知ってますか?街全体の地域活性化に貢献&国際会議参加者が絶賛!今注目の地域巻き込み型のユニークベニューは今後のインバウンドにおいてどのような効果があるのか?

ユニークベニューという言葉をご存知でしょうか。お城や寺院などの歴史的建造物や美術館、博物館などの文化施設、歩道などの公的スペースを使って、会議やレセプションを開催し、参加者に特別感や地域の特性を体験してもらう会場のことをいいます。

国際会議において、開催国が魅力的なユニークベニューを準備することは、参加者同士の交流の活性化に役立つだけでなく、会議の満足度向上や開催地・開催国のイメージアップにもつながります。各国間での競争が激しくなっている国際会議や展示会などのMICE誘致を実現するために、日本ではユニークベニューの開発と利用が求められています

近年は、ユニークであることに加え、地元の人たちと交流できる「体験型プログラム」の要望が高まりつつあります。今回は、国際会議の参加者をもてなすユニークベニューの具体的な事例をご紹介します。

歴史的建造物や神社仏閣を使ったユニークベニューとは

ユニークベニュー利用促進協議会が2015年に作成した「ユニークベニューベストプラクティス集」には、歴史的建造物や神社仏閣を使ったユニークベニューが紹介されています。

歴史的建造物や神社仏閣を使ったユニークベニュー事例その①:高松城跡玉藻公園「披雲閣」(香川県・高松市)

公園や庭園はライトアップされ、国の重要文化財に指定されている披雲閣内で伝統工芸の「匠の器」で、瀬戸内の料理をジャズの演奏を聴きながら五感で楽しむプログラムです。

高松市観光交流課が主催で高松城跡玉藻公園「披雲閣」を利用して実施されたイベント(ユニークベニューベストプラクティス集より引用)

高松市観光交流課が主催で高松城跡玉藻公園「披雲閣」を利用して実施されたイベント(ユニークベニューベストプラクティス集より引用)

歴史的建造物や神社仏閣を使ったユニークベニュー事例その②:厳島神社(広島県・廿日市市)

世界文化遺産の宮島で、厳島神社への参拝や浴衣を着る日本文化体験、宮島表参道商店街での「食事や買い物」を通じて地元住民と交流するプログラムです。

IPEC実行委員会が主催で厳島神社を利用して実施されたイベント(ユニークベニューベストプラクティス集より引用)

IPEC実行委員会が主催で厳島神社を利用して実施されたイベント(ユニークベニューベストプラクティス集より引用)

東京都も力を入れているユニークベニュー 

2020年の東京オリンピックに向けて東京都も積極的なユニークベニューの活用を始めています。美術館や博物館だけでなく、神社仏閣、テーマパークなど多様な魅力をもつ38施設を紹介した「ユニークベニューPRパンフレット」の作成やユニークベニュー利用者への「補助金」、「利用者支援窓口」の開設などを行っています。

東京都が作成したユニークベニューPRパンフレット

東京都が作成したユニークベニューPRパンフレット

東京都のユニークベニューの1つである浜離宮恩賜庭園(TOKYO Unique Venuesより引用)

東京都のユニークベニューの1つである浜離宮恩賜庭園(TOKYO Unique Venuesより引用)

地元住民と一緒に創るユニークベニュー

国際会議が開催されるユニークベニューは、歴史的建造物や神社仏閣の他に、公共のスペースを活用したプログラムが企画されることもあります。地元の人たちとの交流を通して日本文化への理解促進を目的に実施されています。

福岡市博多区で最も歴史のある川端商店街では、400mにも及ぶアーケードに土産物屋や博多名物を出す料理店が84店舗も並び、その内の18店舗が飲食提供する、新しいスタイルのレセプションが2012年に実施されました。参加人数は2,100名。飲食はスタンプラリー方式で6,000食も提供されました。

日本泌尿器科学会が主催で福岡市川端商店街を利用して実施されたイベント(ユニークベニューベストプラクティス集より引用)

日本泌尿器科学会が主催で福岡市川端商店街を利用して実施されたイベント(ユニークベニューベストプラクティス集より引用)

横浜野毛地区のユニークベニュー開発

世界最大級の国際会議場と展示ホールからなるパシフィコ横浜は、2018年6月28日に野毛手形を活用したバークルーズ企画「野毛 横浜おもてなしナイト」を実施しました。地元企業を中心に180名が集まった本企画のモニター会の様子をご紹介します。

野毛 横浜おもてなしナイトの様子

野毛 横浜おもてなしナイトの様子

「野毛 横浜おもてなしナイト」の思い:東京へ流れる会議参加者に横浜の魅力を堪能してほしい

国内トップの国際会議開催件数の実績があるパシフィコ横浜。大型国際会議に向けて、横浜の魅力の詰まった新たなユニークベニューを提案していきたい、会議参加者に夕食後も飲み屋街や夜景を見ながらの街歩き「ナイトライフ」を楽しんでもらうことで、横浜の隠れた良さを発見してほしい、という思いで実施されました。

「野毛 横浜おもてなしナイト」の特徴:昭和の下町風情が残る野毛地区

野毛地区はかつて横浜の3大商店街のひとつと呼ばれていました。今でも600店近い店が集まっている地域で、なつかしい昭和の下町風情を体験することができます。

約30年前に誕生した新しい街、パシフィコ横浜があるみなとみらい21地区から、徒歩で15分。ビル群から野毛に入り込むと、雑多なダウンタウンの街並みが広がり、そのギャップがとても新鮮に感じられます。近年は、若い店主のお店も増えているそうです。

ちょうちんネオンが並ぶ野毛たべもの横丁

ちょうちんネオンが並ぶ野毛たべもの横丁

「野毛 横浜おもてなしナイト」の取組:組合が発行する70店舗で使える野毛手形を活用

野毛地区振興事業協同組合が発行しているチケット式の金券「野毛手形」を活用し、支払いの際は手形(チケット)をお店に渡して精算します。

居酒屋を中心に和食、洋食、BARなどが楽しめます。手形専用のお得なセットメニューもあり、敷居が高く感じてしまいがちな野毛初心者も手形を片手に気軽に飲み歩いて、野毛探索をすることができます。

今回使用した「野毛手形」。2018年に「野毛通手形」よりリニューアルされた

今回使用した「野毛手形」。2018年に「野毛通手形」よりリニューアルされた

70の店舗情報が掲載されているパンフレット

70の店舗情報が掲載されているパンフレット

「野毛 横浜おもてなしナイト」の成果:180名も集まったことで分かる開発の必要性

今回の「野毛 横浜おもてなしナイト」のモニター会は、有料にもかかわらず、定員人数をはるかに超える人が参加しました。

地域を巻き込むユニークベニューの開発は、関係者の理解や協力を得るのがとても難しいと言われていますが、野毛地区で実施したユニークベニューの活用法は、県や市、大手旅行会社、ホテル、大学など、多くの関係者が注目しました。今回のモニター結果をもとに、国際会議や学会で活用できるようにメニュー化を進めていくそうです。

「野毛 横浜おもてなしナイト」参加者の反応

  • 各店舗で席が確保されていたので、待たずに安心して座れたのでよかった
  • ホテルと会議室の往復になりがちな国際会議参加者には、飲み歩きはおススメできる
  • 野毛地区を知るよい機会になった
  • 所々に道案内スタッフがいたのでありがたかった
  • スタンプラリーなど、行ったことの無いお店に足を運びたくなる仕掛けがあると良い

など、多数の意見がありました。次回もぜひ参加したいという声が多く大成功でした。

「野毛 横浜おもてなしナイト」のお店の人の反応

  • 何を事前に準備するべきか、実体験を通して理解できた
  • 平日にかかわらず、まとまった来客があり売上につながった
  • 野毛地区や店を知ってもらうよい機会になった
  • 海外の方への対応改善の必要性を感じた

といった意見がありました。今回のモニター調査でMICEに対する理解が深まったようです。

野毛手形を活用したバークルーズ企画 「野毛 横浜おもてなしナイト」詳細

【モニター会の流れ】

  1. モニターは、市内企業・関係機関やMICE関係者を中心に41グループが参加
  2. 当日受付にて、現金と引き換えに「野毛手形」(チケット1500円×2枚)を受領
  3. 行先の店舗は、当日抽選で決定
  4. 野毛手形加盟店舗70店舗のうち、40店舗で1テーブル予約席を用意
  5. 参加者は、1軒目(約1時間)+2軒目(約1時間)の2店舗でモニター調査を実施
  6. 終了後、「店舗のお料理」「スタッフの対応」「店舗の雰囲気」「野毛手形」などについてwebアンケートを回答

まとめ 

国際会議で使われるユニークベニューには、地域や街をそのまま活用するものもあり、これからますます外国人をもてなすコンテンツの企画・開発が必要とされています。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

日本コンベンションサービス株式会社(JCS)

日本コンベンションサービス株式会社(JCS)

広報室の星野昌也が執筆中。1967年創立の国内初となるコンベンション運営会社。MICE(マイス)における国際会議の企画・運営や通訳・翻訳、MICE施設の運営などを展開しています。今注目のMICEについてご紹介します。