日本の旅に求めるのは「記念に残るような体験」—アイルランドで最大規模の旅イベント「Dublin Holiday World Show 2018」【現地レポート】

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

1月26日から28日に渡って開催されたDublin Holiday World Showは2018年に開催15回目を迎えた、アイルランドで最大規模の旅好きのための祭典です。会場となったRDS Simmonscourtはダブリン市街からバスで15分ほどに位置しており、年中さまざまなイベントが開催されています。駐車場は500台が駐車できるので、家族連れもアクセスしやすい場所です。

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータを知るには?

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

出展ブースは多様なニーズをおさえたラインナップ

55カ国から1,000人以上の出展者が参加する本イベントでは、代理店やホテルなどの旅行業界、全米観光団体、航空会社、クルーズ会社、テーマパークやキャンプ場などの娯楽施設からアクセサリー販売の個人出展者まで、さまざまなジャンルのプロモーションが展開されていました。 来場者の客層はカップルからファミリーと幅広く、訪れたのが最終日の日曜日だったこともあり、子供連れが目立ちました。

▲最終日だけあって常に混雑

▲最終日だけあって常に混雑

日本の旅に求める目的とは

Dublin Holiday World Show 2018には日本のブースもあり、ANA、JNTO(日本観光協会)、ジャパンレールパス、ユニークジャパンツアーの4社が参加していました。

▲日本のブースを見て回る来場者

▲日本のブースを見て回る来場者

長年アイルランドで旅行代理店に勤務している担当者によると、近年は日本に求める旅のニーズが変化しているそうです。

これまでは京都の寺社仏閣や大阪などの有名観光地、アニメなどのオタク文化が浸透している秋葉原などが人気でしたが、近年ではフライト時間の長さや費用の高さから日本旅行は高級な買い物と捉えられています。そのため観光地を回るだけではなく、築地や料亭での本格的な日本食作り体験や、ハネムーンと一緒に日本式の結婚式を挙げるプランなどの記念に残るような体験を求める傾向があるようです。

▲ハネムーンや小グループ用のツアーをまとめたパンフレット

▲ハネムーンや小グループ用のツアーをまとめたパンフレット

パンフレットには5泊6日の富士山周遊や登頂プラン、出雲大社での挙式、沖縄や北海道へのハネムーン旅行などが掲載されていました。

また、アイルランドではラグビー人気が高いこともあり、2019年に日本で開催されるラグビーW杯での訪日を考えている人も多いそうです。

子供連れの来場者に日本旅行について話を聞いたところ、日本はアイルランドから遠くはなれているため移動時間の長さなどが懸念され、子供がいる家族には難しいとの意見もありました。

安心して旅行に出るためのパスポートチェックサービス

100を超えるブースの中でも特に目立っていたのは、自分のパスポートが目的の旅行に必要な条件を満たしているかチェックしてくれるブースでした。日本人にはあまり馴染みがありませんが、国籍と目的地によっては事前に観光ビザの取得が必要な場合や、有効期限の残存期間も関係します。

あわせてパスポート用の写真を取るスペースも併設されており、旅行者の手間を省き旅行への障害を軽減してくれる画期的なサービスでした。こういった面倒な確認をしてくれるサービスは他になく、珍しさもあり多くの人が訪れていました。

▲パスポートチェックをしてくれるブース

▲パスポートチェックをしてくれるブース

国内旅行を意識したPRも盛況

海外旅行を扱う出展者が多い中、アイルランド国内の旅行を扱うブースも多くありました。特に注目されていたのはキャンピングカーとキャンプ用品でした。アイルランドでは春から夏にかけて長い休暇を取ることが多く、家族でアウトドアを楽しむ習慣があります。特に国内でアウトドアを楽しむ人は家族でキャンピングカーを利用するため、次の休暇プランを考えるために熱心に見て回る来場者が多かったです。

▲キャンピングカーの展示販売

▲キャンピングカーの展示販売

▲キャンプ用品の販売ブース

▲キャンプ用品の販売ブース

観光に人気のある地方都市のPRも行っており、アイルランド東部のゴールウェイという街のブースでは特産品のオイルやチーズの販売が行われていました。

▲ゴールウェイのPRブース

▲ゴールウェイのPRブース

パンフレットで気になった内容はその場で検討

会場内にはカフェやベンチがたくさん設置されており、休憩しながら全体を見て回れるように設計されています。中には貰ったパンフレットを開き、内容を吟味する来場者の姿も。気に入れば会場内で申し込みができるなど、アイルランド人はその場で考え決断する傾向が強いように感じました。

▲テーブルにパンフレットを広げながら熱心に話し合う人々

▲テーブルにパンフレットを広げながら熱心に話し合う人々

▲会場にはたくさんの休憩スペースが設けられている

▲会場にはたくさんの休憩スペースが設けられている

まとめ:Dublin Holiday World Showでは視覚で興味を引くPRが主流

Dublin Holiday World Showは他のイベントとは違い試食によるPRがほぼありませんでした。その代わりに各ブースの豊富なアイディアにより来場者の興味を引いていました。

また、Dublin Holiday World Showは海外旅行を主に扱いながらアイルランド国内旅行を考える人のニーズも満たしています。さらに多様化する客層の変化に敏感な出展者が多く集まり、これまで定番とされていた旅行から現在需要が高まっているオリジナル性を重視した商品が揃っていました。ここに来れば探していた旅行が見つけられると言えるイベントでした。

「Dublin Holiday World Show 2018」イベント情報

イベント名 Dublin Holiday World Show 2018
開催国・都市 アイルランド・ダブリン
開催日 2018年1月26日〜28日
会場 RDS Simmonscourt
対象 一般消費者、業界関係者
来場者数 4万人超(2017年実績)

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

「インバウンドコンサル」の資料を無料でダウンロードする

「調査・リサーチ」の資料を無料でダウンロードする

「インバウンドデータ」の資料を無料でダウンロードする

「インバウンド研修」の資料を無料でダウンロードする

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの


観光庁は、インバウンドの地方誘客を目的とし、「観光資源の磨き上げ」を推進しています。

これに沿って観光コンテンツの造成や発信力強化に取り組みたいと思うものの、「何からやればいいのかわからない」「やってはみたものの、まだ観光客を呼びこめていない」といった悩みを抱えている自治体・企業の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、食体験、ツアー造成、アクティビティ、アドベンチャートラベルなどを専門として第一線で活躍するスペシャリストたちが集結

「観光資源の磨き上げ」とは何なのか、外国人を惹き付ける観光コンテンツはどう作り、どう発信するべきなのか、徹底議論します!

詳しくはこちらをご覧ください。
専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの?

成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

インバウンド(国際)市場の拡大に伴い、国内では大阪万博やインバウンドへの対応などでグローバルに対応できる環境が必要になっており、日本企業にとって国際市場での競争力確保は重要な課題の一つとなっています。

その鍵を握るのが、インバウンド対策と効果的な外国人採用です。外国人観光客やビジネスパートナーを惹きつけ、国際的な人材を活用することで、企業は新たな成長戦略を構築し、市場で競合に勝つことができます。

今回のセミナーでは、実際に行われた人材活用法を通じて、インバウンド対策と外国人採用が企業にもたらす効果について解説いたします。

実際の事例から学び、自社に適した戦略を見出すためのヒントを得ながら、日本企業がグローバルな舞台で勝ち抜くために必要なスキルや知識を共有し、新たなビジネスの可能性を発見できる機会となっています。

詳しくはこちらをご覧ください。
成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

【インバウンド情報まとめ 2024年5月後半】「世界で最も成長している観光地」トップに東京他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月後版レポートから、5月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
「世界で最も成長している観光地」トップに東京 / 富士山前のコンビニ、撮影防止の「黒幕・防護柵」設置【インバウンド情報まとめ 2024年5月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに