前年の来場者データでニーズを徹底分析:観光大国フランスの旅行博「Salon Mondial du Tourisme Paris」のここがすごい【現地レポート】

3月15日から18日にパリ市ポルト・デ・ヴェルサイユで開催されたSalon Mondial du Tourisme Parisは今回で43回目を迎えた世界観光フェアです。大規模なツーリズムイベントとして、500を超える出展者に会うため、フランス国内外から多くの来場者が訪れました。2017年の一般来場者数は105,000人を記録しており、2018年度も多くの来場者が予想されます。

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

Salon Mondial du Tourisme Paris来場者の平均年齢は57歳

2017年度の105,000人の来場者の情報をもとに、今回のSalon Mondial du tourismeを開催しました。2017年の客層データは以下です。

項目 データ
男女比 男性44%女性56%
平均年齢 (男女あわせて)57歳
来場者満足度 86%
年に最低1回は旅行する割合 96%
15日以内の旅行期間を検討する割合 16%
ツーリズム専門家の増加率 11%
開催日 2018年2月7日〜2月12日
旅行にかける予算 1000−3000ユーロ 45% 3000ユーロ以上 42%

上記の統計結果から2018年度は大人向けの展示ブースが増え、クルーズやキャンピングカーなどの高価格帯商品のPRが目立っていました。

日本らしさを押し出した工夫が目立つブース

日本ブースでは北海道から沖縄まで全国の地方自治体、航空会社が集まって各地の観光スポットやツアーをPRしていました。中でも目を引いたのは、羽田空港から直行便のある国内都市を書いた提灯のモニュメント。羽田から直行でどこまで行けるのかが一目で分かるように用意されたもので、来場者からも「面白い、日本らしい」と言った声が聞こえてきました。

▲羽田を中心に発着都市が書かれた提灯がならぶ

▲羽田を中心に発着都市が書かれた提灯がならぶ

各ブースで無料配布されているガイドブックの表紙には、和紙を使用したデザインなどもあり日本らしさを感じました。

▲桜や浮世絵など日本を象徴する表紙も

▲桜や浮世絵など日本を象徴する表紙も

日本ブースではイベント開催中に、着物の着付けや折り紙などの多くの参加型プログラムが開催されていました。来場者が実際に体験することで日本への認識やイメージを高めてもらう狙いがあるそうです。

▲参加型プログラムが多い

▲参加型プログラムが多い

実際に私もプログラムに参加してみました。参加したのは岐阜県大津市が主催する手ぬぐいを織り合わせて手提げのバッグをつくるプログラム。日本では記念品としてもらう機会の多いタオルや手ぬぐいで瓶を包み、バッグ代わりにする方法などを、古くからの日本の知恵として紹介していました。参加者の反応も上々で手先の器用な日本人らしいと、ワークスペースの外からも見物人や写真を撮る人で賑わっていました。

▲大津市の伝統祭りに使用される曳き山があしらわれた手ぬぐい。プログラム参加者に配布されました

▲大津市の伝統祭りに使用される曳き山があしらわれた手ぬぐい。プログラム参加者に配布されました

来場者がSalon Mondial du Tourisme Parisに求めるもの

フランスは家族や恋人と過ごす時間を大切にする文化が強いと言われており、この特徴は各ブースによく反映されていました。中でも人気があったのは、食べ物やキャンピングカーのブース。年齢を問わずに一緒に楽しめることから、若いカップルや子育てを終えた夫婦、小さな子供連れまで幅広い層が注目しているようでした。

食べ物の紹介ブースでは100%天然のジャムや地元パリで焼き上げたクロワッサン、スリランカの紅茶やスペイン産のワインなど、世界中の特産品が並んでおりテイスティングも気軽にできます。

▲南フランスの食品を扱うブースの様々な肉をペースト状にしたパテ。フランスではポピュラーな食べ物です

▲南フランスの食品を扱うブースの様々な肉をペースト状にしたパテ。フランスではポピュラーな食べ物です

▲100%手作りのソース。原料によって色もさまざま

▲100%手作りのソース。原料によって色もさまざま

キャンピングカーはミニバンからワゴン車まで展示されていました。利用する人数によって設備や価格の違う車体が揃っており、選択肢が豊富に用意されています。

▲家族向けワゴンタイプのキャンピングカー。天井やリアのドアが快適に過ごせる空間に

▲家族向けワゴンタイプのキャンピングカー。天井やリアのドアが快適に過ごせる空間に

▲2人用のミニバンタイプ。2段ベッドと簡易キッチンが備わっています

▲2人用のミニバンタイプ。2段ベッドと簡易キッチンが備わっています

WebやSNSでの展開、拡散を狙った取り組み

2017年の客層データを元に、2018年度は個人の発信力を取り入れるプログラムを用意しました。そこで、旅の情報を発信しているフランス出身の人気ブロガーを5,6人招き、彼らが実際にどのように旅をしているか、気をつけたほうがいいことなどをアドバイスするワークショップコーナーを用意しました。

会場には人気ブロガー見たさで訪れた来場者もおり、各々がブースを周り、ワークショップの内容などをSNSで発信していました。次回のプロモーションも兼ねることができ、Salon Mondial du Tourisme Paris、出展者、ブロガーの三者が共に利益を享受できる仕組みが作られていました。

さまざまな情報を求める来場者で、配布物は品薄状態になるほど

各ブースで配布されている冊子はホテルや有名な観光地、注目を浴びている個人店まで多様なニーズに合わせて用意されていました。これだけでもかなりの情報を得られますが、さらに情報が欲しい方向けに有料書籍の販売もありました。有料のものは無料のものと比べて厚さが10倍ほどはあり、情報の量と鮮度もクオリティに見合うものでした。

▲無料と有料の冊子が混在したブース

▲無料と有料の冊子が混在したブース

▲すべて有料書籍。無料のものより詳細な情報が記載されており、豊富な写真が読み手の旅行欲を刺激する

▲すべて有料書籍。無料のものより詳細な情報が記載されており、豊富な写真が読み手の旅行欲を刺激する

まとめ:進化し続ける祭典Salon Mondial du Tourisme Parisに今後も目が離せない

Salon Mondial du Tourisme Parisは従来の体験型PRを超え、バーチャルとリアルが混在し五感に訴求する仕掛けが多々ありました。代表的な仕掛けとして、オランダブースでは熱気球のカゴが実際に展示されており、カゴの中に入って3Dメガネをかけると景色広がる工夫がされていたので、本当に空を飛んでいるような感覚を味わえました。

詳細なデータを集め、客層に響くように改善と工夫を続ける世界観光フェアは、常に時代に合わせて進化を続けるでしょう。会場をめぐるだけでも世界旅行をしている気分に浸れます。展示ブースは来年以降も更に進化し、旅行者をとりこにしていくだろうと感じました。

「Salon Mondial du Tourisme Paris」イベント情報

イベント名 Salon Mondial du Tourisme Paris
開催国・都市 フランス・パリ
開催日 2018年3月15日〜18日
会場 ポルト・デ・ヴェルサイユ
対象 一般消費者
来場者数 105,000人(2017年、一般来場者数)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータを知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を詳しく見てみる

「調査・リサーチ」の資料を無料でダウンロードする

「インバウンドデータ」の資料を無料でダウンロードする

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!