「ドラえもん」アジア5か国で知名度No.1/4人に3人以上が「キャラグッズ集めてる」-Fun Japan Communications調べ

「ドラえもん」アジア5か国で知名度No.1/4人に3人以上が「キャラグッズ集めてる」-Fun Japan Communications調べ

インドネシア、「探して集める」&「見かけたら買う」の数が最多

インターネット等のネットワークを利用した情報提供サービス事業や、市場調査事業などを展開する株式会社Fun Japan Communications(以下、Fun Japan Communications)が、アジア5か国でのキャラクターグッズに関する調査を実施したと、8月31日に発表しました。

調査の対象となったのは香港・インドネシア・マレーシア・台湾・タイで、5か国どこでも75%から90%台の人が、キャラクターグッズを集めていると回答し、アジア人はキャラクターグッズが大好きだということが分かりました。

その中でも「探して集める」や「見かけたら買う」と回答した人が、全体の93%と圧倒的な数字になったのがインドネシアで、「ほとんど買わない」や「全く買わない」との回答が最も多かった国はマレーシアで6.1%でした。

キャラクターグッズ

キャラクターグッズ

5か国どこでも「ドラえもん」の知名度がNO.1に

同調査で14のキャラクターを例に挙げ、「知っている日本のキャラクター」を選んでもらったところ、5か国全てで「ドラえもん」が1位でした。また全ての国で90%以上になっており、圧倒的な知名度になっています。

ハローキティも全ての国で5位以上に選ばれており、国内の物販にとどまらず、早くからキャラクターライセンス事業にもシフトしていることが、この知名度の高さにつながっていると考えられます。

台湾のエバー航空では、2005年からキティをデザインした飛行機を、日本便に使用するなど、海外でも日本のキャラクターが様々なビジネスチャンスを生んでいるのです。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社Fun Japan Communications 公式ブログ
https://fj-com.co.jp/blog/funjapanlab/post-20180831.php

株式会社Fun Japan Communicationsのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000025073.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!