インバウンド集客の新常識「MEO対策」とは?GoogleマップやGoogleマイビジネスを活用して訪日外国人を無料で集客する方法

インバウンド集客の新常識「MEO対策」とは?GoogleマップやGoogleマイビジネスを活用して訪日外国人を無料で集客する方法

インバウンド対策に必要なMEOとは?:地図エンジン最適化(マップ検索エンジン最適化)

MEOは、Map Engine Optimizationの略称です。主にGoogle マップに対する地図エンジン最適化(マップ検索エンジン最適化)の事を意味します。

上記の動画のように、Google上で検索をかけた際に上位表示されるようにすることをMEO対策と呼びます。

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

MEOは別名でローカルSEOとも言う

MEOは海外ではローカルSEOとも呼ばれています。Googleは2015年1月ごろベニスアップデートという検索エンジンのアルゴリズムを変更が行いました。その際にアップデートされたのがこのローカル検索です。

ベニスアップデートにより、検索するユーザーの位置情報を元に検索結果の上位表示する内容が変わるようになりました。例えば、検索するユーザーが大阪で「ラーメン」と検索すると周辺のラーメン屋の情報が、東京で同じく「ラーメン」と検索すると都内のラーメン屋の情報が上位表示されるといった具合です。

Googleが2015年からユーザーの位置情報を重視するようになったことから、今回ご紹介する「MEO対策」が重要になってきたのです。

MEO対策を実施するためには?まずはGoogleマイビジネスの登録が必要

それでは「MEO対策を実施していこう!」と思った時、一体何から始めればいいのでしょうか?MEO対策を行うためにまず必要なことは、Googleマイビジネスに登録することです。

Googleマイビジネス公式WEBサイトより

Googleマイビジネス公式WEBサイトより

会社や飲食店の名前をGoogleで検索すると、検索結果画面の右側に、企業・店舗の基本情報・写真・地図が表示されます。Googleマイビジネスは、この情報を登録・管理できるサービスです。Googleマイビジネスに登録することにより、Googleの検索結果に、無料で自社の最新のビジネス情報を掲載できます。

在宅や非店舗型ビジネスなどで店舗がない場合でも、Googleマイビジネスに登録できます。その場合、必ずしも住所を表示する必要はありません。

繰り返しになりますが、Googleマイビジネスは登録無料です。登録をされていない方は今すぐにでも登録をし、MEO対策を実施していきましょう。

MEO対策がインバウンド集客につながる理由

飲食店や小売店、旅館やホテルなどで訪日外国人を集客したいがどのようにすればいいのかわからない。その様な課題を抱えている方々は非常に多いと思います。

今回解説しているMEO対策は、インバウンド集客に非常に効果的です。その理由は何なのでしょうか。

訪日旅行中、Google マップを活用している外国人観光客が多い

THEMANIFESTという海外のコンサルティング会社が、スマートフォンを活用している500人以上にナビゲーションアプリについての調査を行いました。

THEMANIFESTより引用

THEMANIFESTより引用

これによると、

  • スマートフォンユーザーの4分の3(77%)以上が定期的にナビゲーションアプリを活用している
  • Google マップ(67%)は、最も人気の高いナビゲーションアプリ。これは、2番目に人気のあるアプリWaze(12%)に比べて、ほぼ6倍以上の人気。

という事がわかりました。

したがって、海外でも多くの方々がGoogle マップを活用しており、したがってGoogle マップを訪日旅行の際にも活用し、目的地に行くことが多いと考えられます。その際に、Google マップ上に充実した店舗情報やクチコミ情報が蓄積されていれば、訪日外国人が訪れる可能性が大きく向上すると考えられます。

Google マップが情報を訪日外国人に合わせて表示してくれる

Google マップは、ユーザーが使っているスマートフォンの言語に合わせて情報をローカライズしてくれます。例えば、下記の写真のようにShibuya Restaurantsと検索すると英語で情報が表示され、クチコミ情報が英語で書かれている情報を上位に表示してくれます。

Shibuya Restaurantsの検索画面のスクリーンショット

Shibuya Restaurantsの検索画面のスクリーンショット

Shibuya Restaurants検索画面の口コミページのスクリーンショット

Shibuya Restaurants検索画面の口コミページのスクリーンショット

さらに、日本語で海外を検索すると、日本語で海外のある地域を表示してくれます。

San Francisco Restaurantsの検索結果のスクリーンショット

San Francisco Restaurantsの検索結果のスクリーンショット

このように、Googleマイビジネスに登録された情報は、ローカライズされてユーザーに表示されます。そのため、情報を探している訪日外国人に合わせた情報を届けることができます。これは、Googleマイビジネス側が自動的に行なってくれることなので、店舗やお店側は、なにか特別なことを実施する必要は無く、Googleマイビジネスに登録するだけで情報をローカライズしてくれます。

訪日外国人は口コミが好き!特に欧米豪には効果的!

訪日外国人口コミを非常に重視します。観光庁訪日外国人消費動向調査によれば、「出発前に得た旅行情報源で役に立ったもの」に関する質問項目では、調査対象の20カ国のほとんどで、訪日前に役立った情報の中に「口コミ」が上位にあります。特に、欧米豪圏の訪日外国人達は、口コミを重視する傾向になります。

訪日ラボセミナー資料より:観光庁訪日外国人消費動向調査より出典

訪日ラボセミナー資料より:観光庁訪日外国人消費動向調査より出典

他にも、Vendastaという海外のB2Bマーケティングを支援する会社が調査した、口コミサイトランニングによれば、Googleマイビジネスはアメリカで1番使われている口コミサイトと伝えています。

訪日ラボセミナー資料より:VendastaWEBサイト出典

訪日ラボセミナー資料より:VendastaWEBサイト出典

訪日外国人は口コミを重要視し、Googleマイビジネスをよく活用します。そのため、Googleマイビジネスは訪日外国人集客に効果的なツールだと言えるでしょう。

Googleマイビジネスを活用してMEO対策し、訪日外国人を集客しよう!

Googleマイビジネスを活用したMEO対策は、訪日外国人を集客する上で重要な施策だということは理解してもらえたと思います。それでは、Googleマイビジネスでは、どの様な事ができるのでしょうか?

Googleマイビジネスは基本的に無料で活用することができます。様々な機能がありますので、ひとつずつGoogleマイビジネスでできることを解説していきます。

無料で活用できるGoogleマイビジネスでできることその①:写真や動画を登録し、店舗の雰囲気を伝える

Googleマイビジネス公式WEBサイトより

Googleマイビジネス公式WEBサイトより

渋谷・奥渋の元気な焼き鳥居酒屋『てっぺん渋谷女道場』のGoogleマイビジネスより

渋谷・奥渋の元気な焼き鳥居酒屋『てっぺん渋谷女道場』のGoogleマイビジネスより

Googleマイビジネスには投稿という機能があります。ちょうど、Facebookに投稿するように、写真や動画や文章を投稿するイメージです。この投稿機能で、店舗のイメージやキャンペーンのお知らせを発信することができます。

無料で活用できるGoogleマイビジネスでできることその②:予約も受け付けられる

Googleマイビジネススクリーンショットより

Googleマイビジネススクリーンショットより

Googleマイビジネスには予約機能もあり、予約を受け付けることができます。ホットペッパーやぐるなび・食べログなどのサイトと連携し予約を受け付ける機能もあります。

渋谷・奥渋の元気な焼き鳥居酒屋『てっぺん渋谷女道場』のGoogleマイビジネス予約画面より

渋谷・奥渋の元気な焼き鳥居酒屋『てっぺん渋谷女道場』のGoogleマイビジネス予約画面より

無料で活用できるGoogleマイビジネスでできることその③:WEBサイトも無料で作れる

Googleマイビジネス公式WEBページより

Googleマイビジネス公式WEBページより

Googleマイビジネスでは、シンプルなWEBサイトを作る機能もあります。作成し、編集し、公開すると行った3つのステップで、すぐにあなたのお店のWEBサイトができてしまいます。WEBサイトをまだ作っていない方でも、Googleマイビジネスを活用すれば無料で作成することができます。

無料で活用できるGoogleマイビジネスでできることその④:どの写真や投稿が人気か分かる

Googleマイビジネスインサイトページより1

Googleマイビジネスインサイトページより1

Googleマイビジネスインサイトページより2

Googleマイビジネスインサイトページより2

Googleマイビジネスにはインサイトという機能があります。インサイトという機能は、Googleマイビジネス上でのお客様の行動を把握する機能です。

「どの写真がよく見られているのか?」「どこの地域からのアクセスが多いのか?」などの情報を直感的にわかりやすく可視化してくれます。そのデータを元に、集客における新たな仮説を考えることができるでしょう。

Googleのローカル検索結果の掲載順位を改善する方法

さて、Googleマイビジネスを活用方法や、その効果もおわかりいただけたかと思います。それでは、実際にGoogle マップ上で上位表示を狙うためには、どのような対策をする必要があるのでしょうか?Google マップ上で上位表示させるためのポイントを紹介します。

Googleマイビジネスのヘルプ情報では、ローカル検索の検索結果は主に、関連性・距離・知名度といったこの3つで決まると説明しています。

Googleのローカル検索結果をきめる要因その①:関連性

検索ワードとの関連性や、その地域との関連性のある情報が、Googleマイビジネスの情報の中にあるかが重要になってきます。「渋谷 ラーメン」というワードで上位を狙いたいのであれば、そのワードに関連する情報をGoogleマイビジネス上に盛り込む必要があります。

Googleのローカル検索結果をきめる要因その②:距離

距離に関しては、検索されるユーザーの位置と店舗の距離が関係していきます。距離の部分に関しては、検索されるユーザーの位置情報によって左右されてしまいますが、まずはGoogleマイビジネスに登録し、正しい住所情報を入れておくことが重要になります。

Googleのローカル検索結果をきめる要因その③:知名度

知名度とは言葉通り、そのビジネスがどれくらい知られているかを意味します。その店舗名での検索回数が多かったり、店舗WEBサイトへのリンクが多かったり、Googleマイビジネス上での口コミが多かったりなど、様々な要因で知名度が決定されます。

関連性・距離・知名度を上げるためにやるべき4つのこと

Googleは、関連性・距離・知名度がローカル検索で上位表示させるために重要であると述べています。それでは、どのようにすればいいのでしょうか?

関連性・距離・知名度を上げるためにやるべきことその①:ビジネスオーナーの確認をする

オーナーの確認については、Googleマイビジネスで登録をすれば大丈夫です。Googleマイビジネス上では、オーナー登録を行なっていない状態で情報が登録されていることがほとんどです。まずは、Googleマイビジネスに登録をしていきましょう。

関連性・距離・知名度を上げるためにやるべきことその②:営業時間の情報を正確に保つ

祝日や特別なイベントの日を含めて、営業時間を常に正確に入れておきましょう。Google マップ上の検索では、営業時間中のお店のみを表示すると行った検索方法があります。その際に、正しい営業時間を入れておかないと表示されないケースがあります。

関連性・距離・知名度を上げるためにやるべきことその③:口コミの管理と返信をする

ユーザーがGoogleマイビジネス上で書き込みした口コミに返信をしましょう。Googleは、口コミに対して丁寧に対応をしているビジネスを評価するとしています。あわせて、ユーザーに口コミを書いてもらうような施策を行い、口コミをどんどん増やしていくことも重要です。

関連性・距離・知名度を上げるためにやるべきことその④:写真や動画の追加を行う

Googleマイビジネス上では、写真や動画を追加することができます。写真や動画を追加することにより、店内の雰囲気を伝えることができ、安心して、お店にお客様が訪れてくれるようになります。

あなたがお店を選択する時に、Google マップで何も写真がないお店と、写真が沢山あり、お店の雰囲気がわかるお店だったら、どちらを選ぶでしょうか?おそらく、写真が沢山あるお店でしょう。

まとめ:無料で始められるMEO対策:インバウンド対策のファーストステップとして活用してみては?

MEO対策はGoogleマイビジネスに登録するだけで無料で始められます。さらに、Google マップは訪日外国人もよく活用するツールの1つです。

しかしながら、まだまだMEO対策をしっかりとされている企業や店舗は多くはありません。だからこそ、今が先行優位性を得るためのチャンスだとも言えます。あなたの店舗でもまずはGoogleマイビジネスの登録からされてみてはいかがでしょうか。

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドコンサル」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!