インバウンド接客で必須の英語フレーズ24選/ビジネス向けの英会話学習サービスも紹介

インバウンド接客で必須の英語フレーズ24選/ビジネス向けの英会話学習サービスも紹介

観光庁が発表したデータによると、「訪日外国人が日本で困ったこと」として「無料公衆無線LAN環境」に続き「コミュニケーション」が第2位になったということです。

また、対話コミュニケーションの補助の役割を担う「多言語表示」に関しても不満の声が多く集まっています。インバウンド4,000万人時代を見据える日本にとって、多言語コミュニケーションが大きな課題であることは明らかです。

インバウンド需要は年々高まっている今の時代だからこそ、訪日外国人観光客の細かなニーズをくみ取るインバンド対策が必要不可欠です。

インバウンド対策の第一歩 多言語対応を資料で詳しくみてみる

2020年東京オリンピックに向けて即使えるインバウンド英会話

【1】Good morning./Good afternoon./Good evening.

おはようございます/こんにちは/こんばんは

どの表現も一般的です。最もカジュアルなのは「Hi!/Hello!」ですが、それらよりも丁寧な印象を持ってもらえます。

【2】How may I help you?

どうされましたか?

【3】What are you looking for?

何をお探しですか?(何をお求めですか?)

案内板やマップを見ながらあたりをキョロキョロしている人がいたら、すかさず声をかけましょう。「We are looking for〜.(~するところを探しています)」と言われたら、オススメの飲食店や目的地までのルートを紙に書いて渡してあげると親切です。

【4】Please hold on./Just a moment, please.

少々お待ちください。

訪日外国人観光客に何か質問されて調べる間、待ってもらうときに使いましょう。

【5】Please wait, I will get you someone who can speak English.

少々お待ちください。英語を話せる者を連れて参ります。

英語に自身がないとき、スタッフ全員が英語に対応するのが難しいときに覚えておくと便利なフレーズです。

【6】How about ~.

~はいかがですか?

以下は、飲食店で訪日外国人観光客からオススメのメニューを尋ねられたとき、もしくは相手がどこに行こうか迷っているときに提案として使えるフレーズです。

  • How about Sushi?(お寿司はいかがですか?)
  • How about this restaurant?(こちらのお店はいかがですか?)
  • How about you go to the museum?(美術館はいかがですか?)

【7】I recommend 〜.

~がオススメです。

【8】Shall I make a reservation for you?

こちらでご予約をお取りいたしましょうか?

【9】Please wait, let me ask someone else.

別の物に聞いてみますので、少々お待ちください。

訪日外国人観光客に聞かれたけれど自分ではわからないとき、同僚などに聞きに行く場合に使える便利なフレーズです。

【9】Would you write (your name)  down here?

こちらに(お名前を)書いていただけますか?

飲食店で順番待ちの紙に名前を書いてもらうとき、目的地や食べ物などをうまく聞き取れなかったとき、紙に書いてもらうと見当がつきます。相手が何と言っているのか聞き取れないときは、「書いて」と頼むのもコミュニケーションのひとつの手段です。

【10】Pardon?/Excuse me?

もう一度よろしいでしょうか?

相手の言葉が聞き取れなかったときや、意味を理解できなかったとき、聞き返す場合に使います。「Pardon?/Excuse me?」どちらも、疑問のように語尾を上げて発音することがポイントです。

道順を伝えるときに使える基本の英語フレーズ 

【11】Go straight until you see the convenience store.

コンビニが見えるまでまっすぐ進んでください。

【12】Go past the convenience store.

コンビニを通り過ぎてください。

【13】Go down this street.

この道をまっすぐに進んでください。

【14】Turn right at the first (second/third) corner.

はじめの角(2番目/3番目)を右に曲がってください。

【15】Cross the street.

道を渡って下さい。

【16】It is across the street.

道路の反対側です。

【17】It is across from the convenience store.

コンビニの向かいにあります。

【18】It is in front of the convenience store.

コンビニの前にあります。

「〜の前にある」を伝えたい場合は「in front of ~」です。道を聞かれた場合にとても役立つのでぜひ覚えておいてください。 

【19】The convenience store is at the end of the street.

コンビニは道の突き当りにあります。

【20】You will find it next to the convenience store.

コンビニの横にあります。

「You will find〜」は「そこにある」という意味を表す言葉として頻繁に使われるフレーズです。「Where can I find~(~はどこにありますか?)」と聞かれたら、「You will find〜」を使いましょう。

【21】The convenience store is on the corner.

コンビニは角にあります。

【22】It's a ten-minute walk from ~.

~から徒歩10分です。

場所はどこですか?と聞かれたときに、地図や案内板を指さしながら「ここです」と答えるときに使うフレーズです。

【23】Have a nice day!

良い一日を!

【24】Please enjoy your stay!

楽しい滞在を!

コミュニケーションをサポートするservice

インバウンド研修「コミュセル“ジェッタ” 外国人インバウンド接客対応」

▲インバウンド研修「コミュセル“ジェッタ” 外国人インバウンド接客対応」
▲インバウンド研修「コミュセル“ジェッタ” 外国人インバウンド接客対応」

ミシュク式カタカナ英会話で、販売員の売り上げが前年比30%upする指導です。英語対応が苦手な店舗や企業の従業員が、ミシュク式カタカナ英会話で外国人に コミュニケーションを図る事で、販売がスムーズになり、店舗や企業の売上が30%UP! することを実現するサービスです。

日常用語ではなく付加価値情報をカタカナで語れる様にする。製品やサービス、お客様からよく聞かれる事などカタカナで聴いて、カタカナで話すことでコミュニケーションを図ります。

カタカナ英会話ジェッタ - JETTAのインバウンドソリューションを資料で詳しくみてみる

インバウンド研修「コミュセル“ジェッタ” 外国人インバウンド接客対応」を資料で詳しくみてみる


まとめ

「観光案内所での道案内」「レストランにおける接客応対」「ホテル接客」など、シーン別の英語フレーズ集はたくさんありますが、英語フレーズ集をただ単に頭で覚えるだけではインバウンド対策は不十分です。英会話を体で覚えて、インバウンドの多様なニーズに対応できるようにしていきましょう。


インバウンド対策の第一歩 多言語対応を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「バイリンガル採用・派遣」を資料で詳しくみてみる

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!