国土交通省九州運輸局が福岡の観光案内にAIチャットボットを期間限定で提供

国土交通省九州運輸局が福岡の観光案内にAIチャットボットを期間限定で提供

福岡市と連携して実証事業を開始 AIがおすすめ情報を提案

国土交通省の地方支分部局である国土交通省九州運輸局が、福岡の観光案内にAIチャットボットを期間限定で提供すると、JNTO(日本政府観光局)が事業パートナーのニュースとして12月28日に発表しました。

国土交通省九州運輸局は、ディープラーニングAI機能を活用して、訪日外国人観光客などの旅をサポートする「FUKUOKA AI Tourist Information」のサービスを開始しています。平成30年11月28日から平成31年2月28日まで、NTT DOCOMOが請負事業者、株式会社ぐるなびや西日本鉄道株式会社などが協力企業になり行う実証事業です。

FUKUOKA AI Tourist Information

FUKUOKA AI Tourist Information

AIが学習して情報を提供 簡単操作で問い合わせが可能

「FUKUOKA AI Tourist Information」では、個人の問い合わせ内容からAIが学習し、より最適な情報を提供するほか、利用者も「目的別に表示される選択肢の選択」及び、「テキストボックスへの直接入力」といった簡単操作で問い合わせが可能。

パソコンやスマートフォンなどから利用可能で、手元にある観光案内所のように、旅行中はもちろん旅行計画時から活用ができます。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JNTO 事業パートナーのニュース(国土交通省九州運輸局)
https://www.jnto.go.jp/jpn/news/member_news/20181228.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。