訪日客に大人気の花見!最新の開花情報の発信で満足度向上へ Visa×京都が連携

3月20日より、京都市観光協会はVisaの協力のもと、訪日客に向けて京都市内・約50箇所における桜の開花情報の新規配信を開始しました。あわせて大原や京北など桜のスポットにおける体験型プランの販売促進を通じ、訪日客のさらなる満足度向上を目指す、京都市の取り組みを見ていきましょう。


訪日客に大人気の花見!最新の開花情報の発信で満足度向上へ

▲訪日客にも大人気の京都の桜

京都市産業観光局によると、京都を訪れる訪日外国人観光客の約3割が「桜や紅葉等の自然」を来訪動機に挙げており、6割以上が次回の来訪動機とするなど、京都における花見は訪日客の間で非常に人気です。

一方、京都観光総合調査の結果から、京都観光で残念だったこととして「桜や紅葉が見られなかったこと」との回答が挙がっていたことも明らかになりました。京都市内では、例年地域により桜の開花時期は約1ヶ月の違いがあり、山間部では5月上旬頃まで花見を楽しめる年もあります。

京都市は、訪日客に対しウェブサイト上での開花の最新情報の提供と、大原や京北などのお花見スポットにおける体験型プランの販売促進に取り組むことで、訪日客の満足度向上ならびに京都市全域への周遊観光の促進を目指します。

京都市の訪日客向けサイトに桜開花情報の専用ページを開設

▲「Kyoto City Official Travel Guide」より引用
京都市の訪日外国人観光客向けのオフィシャルサイト「Kyoto City Official Travel Guide」に桜開花情報を掲載する専用ページ「Kyoto Cherry Blossom Watch」を開設しました。運用は3月20日(水)から開始されており、2日に1回を目処に情報を更新する仕組みです。

京都全域のマップに桜の開花状況を英語とイラストを用いて表示し、一目でわかるようなデザインが特徴的です。Voyaginが提供するツアーが利用可能なスポットも、あわせて表示されています。

大原や京北など桜のスポットにおける体験型プランの販売促進

▲Visa:Kyoto×Voyaginページより引用
桜の開花情報の専用ページより、Visaの訪日外国人観光客向けの情報発信サイト「Visit Japan with Visa」に開設中のキャンペーンサイト「KYOTO×Voyagin」に誘導することで、以下の4つのガイド付き体験型メニューの販売促進につなげます。

  1. 大原エリア:桜の咲き誇る三千院の庭園散策・声明と写経を来迎院で体験・宝泉院でライトアップされた庭園の鑑賞
  2. 京北エリア:北山杉を使用したオリジナルバスの制作体験・常照皇寺で桜を鑑賞
  3. 高雄エリア:神護寺の桜を鑑賞・特選和牛しゃぶしゃぶを堪能・露天風呂体験
  4. 西京エリア:電動アシスト自転車によるサイクリングの半日ツアー・善峯寺の桜を鑑賞

京都市内中心部のみならず、京都全域で桜を楽しめるツアーの販売促進に取り組むことで、混雑緩和と訪日客の満足度向上を目指します。いずれのツアーも本サイトでVisaカードによる決済を行うと5%割引になる特典も用意しており、Visaの世界最大級のネットワークを活用することでより多くの訪日客を取り込むことが期待されます。

まとめ:京都の桜観光の混雑緩和と新たな魅力発信へ

京都における桜の開花情報を英語で発信する取り組みは、花見を楽しみに訪れる多くの訪日客のさらなる満足度向上が期待できます。あわせて周辺地域の桜スポットにおける体験型プランの販売促進も実施することで、特に混雑が顕著となる京都市内中心部から訪日客を分散し、京都の新たな魅力を体験してもらうきっかけとなるでしょう。


<参考>

  1. 京都市産業観光局:Visaと連携した外国人観光客への桜の開花情報の新規配信及び大原、京北などへの周遊促進について
  2. Kyoto City Official Travel Guide:Kyoto Cherry Blossom Watch
  3. Visa:Kyoto×Voyagin

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!